神明社(花町)

古墳の上にあるのは神明社か屋根神様か

花町神明社

読み方 しんめい-しゃ(はな-ちょう)
所在地 名古屋市熱田区花町10-15 地図
創建年 不明
社格等 不明
祭神 不明
アクセス

・地下鉄名城線「西高蔵駅」から徒歩約6分
・駐車場 なし

webサイト  
オススメ度

 花町にある神明社なのだけど、本社に架かっている提灯は、中央が熱田神宮、左右が津島神社、秋葉神社となっていて戸惑った。神明社ではない? 目的とは別の神社なのか? と。
 しかし、入り口鳥居の横には小さな石柱があって、そこには神明社と彫られている。たまたま近所の方とお話しさせてもらったので訊いたところ、やはりここは神明社だという。熱田、津島、秋葉の組み合わせは、典型的な屋根神様のものなのだけど。
 愛知県神社庁への登録がなく、詳細は不明。
 本社左にある小さな社は塚神社という。最初、何のことか分からず、境内にある説明書きでなるほどと納得した。
 ここは古墳の上に乗っている神社らしい。だから周囲より一段高くなっているのだ。塚神社というのは古墳を祀る神社ということだろう。

 現在、花町(はなちょう)となっているここは、かつて字(あざ)花の木という地区で、そこから花の木古墳(花之木古墳)と名付けられている。
 高蔵古墳群の中のひとつで、現存する数少ないうちの一基でもある。
 大正6、7年頃に登頂に祠を建てるために削られてしまったというから、この神社の創建はそのときということになるだろうか。
 その際に6世紀中頃の須恵器などが出土していることから、6世紀の尾張の豪族の墓と考えられている。

 高蔵のこのあたりは貝塚や環濠集落、竪穴式住居跡などが見つかっており、古くから人が暮らしていた土地だったことが分かっている。
 5世紀から6世紀にかけて中小多くの古墳が築かれ、6世紀後半には高座結御子神社の周囲に複数の円墳が造られた(明治の調査では7基が確認されている)。
 いくつかの古墳や遺跡で調査が行われ、多くの土器や石器などの遺物が見つかっている。ただ、現在、遺跡の大部分は取り壊されて残っていない。
 高座結御子神社の稲荷社の隣の3号墳と呼ばれるものは、ある程度原形をとどめているとされる。
 これらの古墳群と高座結御子神社との関係や、熱田の断夫山古墳と尾張氏との関連などは興味深い。
 個人的には、高蔵古墳群は尾張氏のものというより尾張氏に取り込まれた別の氏族のものではないかと考えている。断夫山古墳や白鳥古墳のような大型の前方後円墳を造るのと、小さな古墳をたくさん造るというのは、文化や思想が違うように思う。
 高座結御子神社も、尾張氏が建てた神社ではなく、後に従属したと考えた方がしっくりくる。だとすれば、もともと尾張氏の祖神を祀る神社ではなく、高蔵を拠点とする氏族の氏神を祀る神社として創建されたことになるだろう。昔から高座結御子神社は子育ての神とされてきた。そこにもヒントがありそうだ。

 神社のすぐ下に、杉山不動明王のお堂がある。
 力のあるお不動さんということで、参る人も多いという。
 古墳の上にいつ誰が神社を建てたのかははっきりしないけど、町内の人たちが守ってきたであろうことは想像がつく。
 そういうお世話をしてきた人たちの高齢化というのが近年問題となっているものの、それでもやっぱり世代を超えて受け継がれ、守られていくのだと思う。
 

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

 

HOME 熱田区

スポンサーリンク
Scroll Up