金山神社(長戸井町)

名古屋にあるもうひとつの金山神社

長戸井金山神社

読み方 かなやま-じんじゃ(ながとい-ちょう)
所在地 名古屋市中村区長戸井町1-2 地図
創建年 不明
社格等 村社・十等級
祭神

金山毘古神(かなやまひこのかみ)

多紀理比売命(たぎりひめのみこと)
多岐津比売命(たぎつひめのみこと)
狭依比売命(さよりひめのみこと)
天照大御神之荒魂(あまてらすおおみかみのあらたま)

アクセス

・近鉄名古屋線「米野駅」から徒歩約8分
・駐車場 なし

webサイト  
オススメ度

 金山神社というと、中区金山の地名の由来となった金山神社が知られているけど、中村区にも金山神社がある。
 ただし、この神社は昭和2年に旧国鉄の用地買収にともなって現在地に移されていて、もともとは200メートルほど南東にあったという。向野橋(こうやばし)の南あたりだそうだ(地図)。
 江戸時代の村でいうと、米野村の神社だ。近鉄米野駅や下米野町などに名前が残っている。
 創建についての詳しい話は伝わっていない。
 中区金山の金山神社は、平安時代前期の承和年間(834-847年)頃に熱田神社の鍛冶職を務める尾崎善光が自宅の屋敷に勧請して祀ったのが始まりとされている。その後、室町時代前期の応永年間(1394-1427年)に尾崎氏が熱田に移ることになり、屋敷跡に社殿を建てたのが現在の金山神社とされている。
 米野村の金山神社と中区金山の金山神社(地図)は、直線距離で3キロほど離れている。直接的な関係があるかどうかは分からない。
 那古野神社の中にも、半ば独立した格好で金山神社がある。
 いずれも、岐阜県垂井にある美濃国一宮の南宮大社から勧請したとしており、金属加工や鍛冶職人などが信仰していた神社という位置づけができそうだ。
 米野村に鍛冶職人か何かが住んでいたのかどうかは分からないけど、広くいうと農業の神でもあるようだし、単純に村の守り神として金山神を選んだというだけかもしれない。
 名古屋城築城の際は、西宮神社がある月島あたりに石切場があって、そのに住む石工たちによって信仰されたという。

『寛文村々覚書』(1655-1658年)の米野村の項を見るとこうなっている。
「社 三ヶ所 内 八幡 権現 荒神 熱田祢宜 大原増大夫持分 社内三反弐畝歩 前々除」
 権現は熊野権現(現・熊野社)だと思うけど、八幡は若宮八幡社のことだろうか。荒神というのは、アマテラスの荒魂を祀る西宮社のことか。
 ここでは金山社は出てきていない。
『尾張徇行記』(1822年)はこうだ。
「八幡権現荒神三社界内三反二畝前々除熱田祢宜大原氏掌之 府志云若宮祠熊野祠金山祠倶在米野村」
 やはり、八幡、権現、荒神の三社があるとなっている。
 ただし、1752年の『張州府志』に金山祠があるとしているので、そのときにはもうあったことが分かる。
『尾張志』(1844年)はこう書く。
「若宮八幡社 くまのの社 金山社 サグジノ社 辨天社 みな米野村にあり」
 若宮八幡、熊野社はそれぞれ現存しており、ここでは金山社もちゃんと載っている。
 サグジノ社が西宮社で、辨天社が宗像社のことと思われる。この二社は大正2年に金山社に移されて合祀された。
 西宮社は、兵庫県西宮市の廣田神社からアマテラスの荒魂を勧請して祀ったものと思われ、辨天社は明治になって宗像三女神を祀るとしたのだろう。

 岐阜県垂井にある南宮大社は、『延喜式』神名帳にも載る古い社だ。一度訪れたことがあって、いろいろ調べてみたのだけど、その本質は分かりづらく、理解が難しい神社だと感じる。
 南宮大社は謎が多くて魅力的な神社(ブログ記事)
 何故、あんなへんぴな場所に建てたのか、どうして美濃国一宮とされたのか、何故、南宮という名前になったのかなど、謎が多い。
 神名帳では仲山金山彦神社という表記になっている。
 金山彦(カナヤマヒコ)は、イザナミが火の神カグツチを産んで女陰に火傷を負って苦しんでいるときに吐瀉物(たぐり)から化成した神とされる。
『古事記』では金山毘古神と金山毘売神の男女二神が化成したとしている。
 名前の金山から鉱山の神とされたり、吐瀉物が溶かした金属を連想させることで金属加工や鍛冶の神とされるようになった。
 稲荷社や八幡社ほどメジャーではないものの、金山彦系統の神社は全国にある。トヨタ自動車も創業時に金山彦を祀る豊興神社(企業内社)を建てているから、関連企業の社内社もけっこうあるのかもしれない。

 神社の南にある向野橋は、鉄道と名古屋駅のビル群を一緒撮ることができる名古屋の隠れ名所で、個人的にオススメしたい。車は通行できない橋なので、三脚を立てた夜景撮影も安心だ。
 向野橋を名古屋新名所に推奨したい(ブログ記事)
 金山神社を訪れた際は、向野橋からの眺めも楽しんでいってください。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

中村区にある金山神社

HOME 中村区

スポンサーリンク
Scroll Up