小社(前田西町)

薬師堂に付属する社だろうか

前田西町不明社

読み方 しょうしゃ(まえだにしまち)
所在地 名古屋市中川区前田西町1丁目 地図
創建年 不明
旧社格・東急等 不明
祭神 不明
アクセス 近鉄名古屋線「伏屋駅」から徒歩約7分
駐車場 なし
その他  
オススメ度

 前田西町1丁目にある小さな社。
 どんな神を祀る何という名前の社かは分からない。
 すぐ北に薬師堂があり、行基作と伝わる薬師如来像があるという。
 薬師堂に付随する社なのか違うのか。
 秋葉社という話があるけど定かではない。

 社がある前田西町1丁目は、江戸時代の村でいうと前田村なのか助光村なのか判断がつかない。ちょうど境目あたりに位置している。
 すぐ西には称円寺、少し北には前田家の菩提寺・前田速念寺がある。どちらかの関係社の可能性もなくはない。
『寛文村々覚書』(1670年頃)の前田村の項に、「薬師堂 地内 年貢地 伏屋村 南蔵院」とある。
 これが今の前田西町の薬師堂のことだと思う。
 伏屋村の南蔵院というのは今の宝蔵院(地図)のことで、行基の開基とされる古刹だ。南蔵院といっていたものを宝永7年(1710年)、今の寺号に改めた。龍雲山不動寺という。
 本尊は行基作とされる木仏立像の地蔵菩薩。
 薬師堂は元々、圓盛寺(地図)の西にあった。今の長須賀小学校の北あたりだ。
 庄内川が氾濫したとき流されて、200メートルほど南の現在地に流れ着いたのでここに建て直したのだった。

 前田西町は、昭和59年に2・3丁目が富田町大字助光の一部より成立、 昭和60年に1丁目が富田町大字前田の一部より成立した。
 同年1-3丁目に大蟷螂町・富田町大字伏屋・富田町大字前田の各一部を編入。
 町名は、ここが富田町大字前田の庄内川以西にあったことに由来する。
『神鳳鈔(じんぽうしょう)』にある尾張国前田とはこの地のことをいう。尾張国における伊勢の神宮(web)領だったということだ。

 こういった小さな社について分かることは少ない。その土地に住む人でも普段は意識もしないくらいだろうけど、名もなき小さな社にも歴史はある。こちらは知らなくても社はそれを知っている。

 

作成日 2017.12.31(最終更新日 2019.7.14)

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

前田西町の不明社は秋葉社なのか

HOME 中川区



Scroll Up