尾張戸神社

尾張氏ゆかりの首長が眠る古墳の上に建つ古社

尾張戸神社拝殿と門松

読み方 おわりべ-じんじゃ
所在地 守山区大字志段味字東谷209 地図
創建年 伝135年(第15代成務天皇5年)
社格等 式内社・郷社・八等級
祭神

天火明命(あめのほあかりのみこと)
天香語山命(あめのかぐやまのみこと)
建稲種命(たけいなだねのみこと)

アクセス

・JR中央本線「高蔵寺駅」から徒歩約60分
・愛知環状鉄道「中水野駅」から徒歩約45分
・ゆとりーとライン(バス) 大曽根駅発 高蔵寺行き 「東谷橋(とうごくばし)」バス停下車。徒歩約40分。
・駐車場 あり(無料)

webサイト 名古屋市webサイト
オススメ度 **

 社伝によると、創建は成務天皇の時代で、ミヤズヒメ(宮簀媛命)によるとされる。
 ただ、第15代成務天皇は実在性を疑われており、もし実在したとすれば300年代半ば(4世紀半ば)ではないかといわれている。
 名古屋市最高峰の東谷山(とうごくさん/198m)の山頂にあり、社殿は4世紀後半に作られたとされる円墳の上に建てられている。
 東谷山には他にもいくつか古墳が見つかっており、周辺の志段味地区は4世紀から7世紀にかけての古墳が多数存在することが分かっている。
 平安時代に編さんれた『延喜式神名帳』(927年)にも載っている式内社ということで、古い神社であることは間違いない。

 祭神のアメノホアカリは、この地方を支配していたと見られる尾張氏の祖神とされる神だ。
 アメノカグヤマは別名タカクラジともいい、アメノホアカリの長子とされる。
 アメノカグヤマは初め、春日井市の高座山の神で、のちに東谷山に移ってきたという説もある。
 タケイナダネがいつどのような経緯で祀られるようになったのかは分からない。ミヤズヒメ(ヤマトタケルの妃)の兄であり、ヤマトタケルの東征の際には副将軍として従い、故郷へ戻る途中に駿河湾で命を落としたとされる。

 神社の名前が尾張神社ではなく尾張戸神社であるのはおそらく理由がある。
 戸というのは渡来系の部族を指す言葉という説がある。この場合、尾張氏に従属していた渡来系の人々が尾張氏の神を祀る神社を建てたという仮説が成り立つ。神社の下の円墳はおそらく尾張氏の首長のために作られたものだろう。

 鎌倉時代から平安時代にかけては熱田神宮に次ぐ大社だったという話も伝わっている。
 そののち火災や戦乱などもあり、次第に規模は縮小していった。
 江戸時代に入ると、名古屋城の鬼門の方角に当たるということで、尾張徳川家に大事にされ、歴代藩主が造営、改修を行った。

  東谷山フルーツパークがある西側から登るときついアップダウンがあって大変。20分ほどの山登りをすることになる。南から行く方がやや楽。東からの方がもっとゆるやからしい。
 山頂には展望台があって西の名古屋方面を見渡すことができる。夜景もきれいというけど、山道はものすごく暗いので注意が必要。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

年に一度は東谷山
初詣は東谷山山頂の尾張戸神社へ

HOME 守山区

スポンサーリンク
Scroll Up