浜田神社

浜田町の成立と発展とともに

浜田神社

読み方 はまだ-じんじゃ
所在地 名古屋市南区浜田町3-56 地図
創建年 不明(昭和39年?)
旧社格・等級等  不明
祭神 熱田大神(あつたおおかみ)
アクセス JR東海道本線「笠寺駅」から徒歩約21分
駐車場 なし
webサイト  
オススメ度

 浜田町3丁目の小公園の中にある。神社と呼ぶには小さな規模の社だ。
 150メートルほど東の浜田町4丁目にある濱鶴ノ宮神社地図)とは対のような格好になっている。
 浜田町は昭和25年(1950年)に星崎町の一部より成立した町で、昭和36年(1961年)に本星崎町の一部を編入した。
 町名はかつて浜辺の新田だったことから来ているという。
 濱鶴ノ宮神社の創建は昭和29年(1954年)とされており、浜田神社についてははっきりしない。境内の石柱に昭和三十九年正月元旦と刻まれていることから、この年が創建年かもしれない。
『南区の神社を巡る』によると祭神は熱田大神という。
 境内社として秋葉社を祀る。

 このあたりは戦中までは田畑だけが広がる土地だった。人家が建って人が暮らすようになったのは戦後のことだ。濱鶴ノ宮創建が昭和25年というから、その頃から人口が増えたのだろう。
 町の変遷については今昔マップを年代順に見ていくとよく分かる。
 町の北部を名古屋臨海鉄道の線路が通っている。昭和40年(1965年)に設立された貨物専用の鉄道だ。
 それ以前は名鉄築港線の東名古屋駅から大江駅を経由して熱田駅まで結んで貨物輸送を行っていた。しかし、その路線の旅客が増えたことで対応しきれなくなり、あらたに貨物専用として作られたのが名古屋臨海鉄道だ。現在は名古屋港の潮見とJR笠寺駅を結んでいる。
 国道1号線や23号線、247号線が整備される一方で、港東通を走っていた市電は昭和46年(1971年)に廃止された。この年、名古屋の市電はすべてが廃止となり姿を消すことになる。

 戦後あらたに作られた町とともに歩んできた神社なので、これはこれで町内で大事に守っていってほしいと思う。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

戦後に地域の守護神として建てられた浜田神社

HOME 南区

スポンサーリンク

Scroll Up