波寄神社

波が寄せていたのは遠い昔

波寄神社

読み方 なみよせ-じんじゃ
所在地 名古屋市熱田区波寄町22番1号 地図
創建年 不明
社格等 不明
祭神 不明
アクセス

・地下鉄/名鉄/JR「金山駅」から徒歩約9分
・駐車場 なし

webサイト  
オススメ度

 波寄(なみよせ)とはまたロマンチックな響きを持つ神社だ。
 これは神社がある波寄町から来ている。波寄の由来は、文字通り波が寄せる場所というところから名付けられたという説が一般的なようだけど、詳しいことは分からない。
 地形を見ると、ここは熱田台地の東の縁に近く、東にある瑞穂台地との間は海が深く入り込んでいたところと考えられている。ちょうどその一番奥まったところということで波寄と呼ばれたことは納得がいく。

 愛知県神社庁に登録しているのに『愛知県神社名鑑』には載っていない。何か事情があるのか、うっかり取りこぼしてしまったのか。
 まったく情報がなく、創建時期も、祭神も、何も分からない。
 地名を神社名にされてしまうと、系統を予測する手がかりも得られない。
 神明鳥居で神明造だとしても、神明社とは限らない。
 中央に大きめの社があり、左右にやや小さめの社がある。少なくとも三柱の神を祀っていることだけは分かる。
 近所の方との立ち話情報によると、昔は別の場所にあったものをここに移してきたらしい。それがいつでどこから移したのかといった詳しいことまでは知ることができなかった。すぐ北を走る中央線の線路と関係があるような話だった。

 というわけで、私の波寄神社調べはここで行き詰まった。新たに何か分かれば追記したい。
 

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

 

HOME 熱田区

スポンサーリンク
Scroll Up