八劔社(鳥栖)

ここで草薙剣の代替を造った?

鳥栖八劔社

読み方 はちけん-しゃ(とりす)
所在地 名古屋市南区鳥栖2丁目20 地図
創建年 伝708年年(飛鳥時代末)
旧社格・等級等 村社・十等級
祭神 天照御大神(あまてらすおおみかみ)
須佐之男命(すさのおのみこと)
正哉吾勝命(まさかあかつのみこと)
アクセス 地下鉄「桜本町駅」から徒歩約10分
駐車場 なし
webサイト  
オススメ度 **

 ちょっと他の神社とは違う空気感を持ったところだと感じた。
 古墳の上に建っているということだけは行く前から知っていて、最初北側から入ってぐるりと回り込むように境内に至ったとき、ん? なんだろうここは? と思った。不思議な違和感というか、なんか変わったところだなという感覚があった。
 正式な入り口は南側のようだったので、いったん階段を下りて、南の鳥居から入り直すことにした。そのとき南入口にあった説明板を読んで驚いた。
 草薙剣が盗まれたときに代わりになる剣をここで造った?
 そんな話があることを初めて知った。熱田神宮関連のことを調べているときも、そんな話は一度も出てこなかった。

 その説明板によると、和銅元年(708年)に、新羅の僧・道行(どうぎょう/どうこう)によって草薙剣が盗み出されてしまい、そのことを時の天皇である元明天皇に知られることを恐れた熱田社の人間が、この地の鍛冶屋に命じて新たな剣を造らせ、それを熱田社の別宮である八剱社におさめたとある。
 本当だろうか? これはどこから出てきた話なのか。
 出典は書かれておらず、神社にそういう話が伝わっているということなのだろうけど、にわかには信じられない。ただ、いくつかの点で思い当たることがあり、ある種のリアリティーを持つ話ではある。
 その説明板には、多治比真人が新剣を祀るための仮神殿を建て、安部朝臣とともに37日間の修祓(しゅばつ=清めの儀式)を行ったのち、9月9日八剱社に納めたとも書いている。
 多治比真人に「たじひまさと」とフリガナを振っているけど、これは「たじひのまひと」の間違いだろう。真人(まひと)は684年に天武天皇が制定した八色の姓(やくさのかばね)のうちの一番上の姓(かばね)で、個人名ではない。基本的に継体天皇の近親とそれ以降の天皇・皇子の子孫に与えられたものだ。
 多治比氏は宣化天皇(せんかてんのう)の
三世孫・多治比古王を祖とする有力氏族で、朝廷で最高位の役職を務めるなどしていた。
 宣化天皇は継体天皇の皇子で、母親は尾張氏の首長だった
尾張草香(おわり の くさか)の娘である目子媛(めのこひめ)だ。
 熱田にある断夫山古墳は、この尾張草香もしくは目子媛の墓という説がある。
 ここで多治比真人が出てきたところに話の信憑性がある。
 安部朝臣(あべのあそみ/あそん)の朝臣も八色の姓のひとつで、上から二番目に相当する(皇族以外では最高位となる)。
 剣を清めるために作った仮神殿の跡地に社を建てて八劔社としたのがここ鳥栖の八劔社だと社伝は伝えるということだ。

 草薙剣盗難事件について『日本書紀』は、668年(天智天皇7年)に沙門(僧侶)の道行が草薙剣を盗み出して新羅に逃げようとしたところ暴風雨にあって海を渡れず迷って帰ってきたと書く。
 事件から18年後の686年(朱鳥元年)に天武天皇が病気になり占ったところ草薙剣の祟りということになり、熱田社に送り置いたとある(このあたりのいきさつについては影向間社のページに書いた)。
 しかし、鳥栖八劔社の社伝では、草薙剣を盗まれて剣を新造して納めたのは708年(和銅元年)としている。
 ではこの話は嘘かというと、実はこの708年というのは熱田の八劔社が創建されたとされる年なので、あながち嘘とも言い切れない。
 熱田八劔社の縁起によると、708年(和銅元年)に天明天皇が命じて新剣を造らせ、それを祀るために建てたとしている。
 668年に盗まれた草薙剣は686年に戻ってきているはずなのに、708年にあらたに剣を造ってそれを祀る神社まで建てたというのがどういうことなのかが分からないのだけど、草薙剣盗難事件と新剣を造ったことは別々の話で、それが混ざってしまったということは考えられるだろうか。
 鳥栖八劔社の縁起であえて盗難事件と神社創建を708年としたことに何か理由があったはずだ。668年と708年では意味が全然違ってくる。
 熱田社では草薙剣を本社ではなく土用殿に納めていたとする。
 それに対して熱田八劔社は、熱田社の別宮という扱いで今は境内に入っているものの、もともとは熱田社の外にあって、別の神社だった。
『延喜式』神名帳では「八劔神社」となっており、平安時代中期もまだ別神社だったことが分かる。

 この事件の前後の歴史を確認すると、まず乙巳の変(大化の改新)が645年に起きた。その首謀者の中大兄皇子が天智天皇として即位したのが668年のことで、これは『日本書紀』がいう草薙剣盗難事件の年に当たる。
 盗んだのをどうして新羅の沙門(僧)としたのか。
 その5年前の663年、倭国は百済と組んで新羅・唐連合軍と戦い大敗している(白村江の戦い)。その結果、百済は滅亡して、大量の難民が倭国に渡って来たと考えられる。
 どうして新羅の僧が草薙剣を欲したのか。
 天智天皇の皇子・大友皇子と天智天皇の弟とされる大海皇子との間で起きた争いが壬申の乱だ。672年のことだった。
 勝利した大海皇子は翌673年に即位して天武天皇となる。
 道行から取り戻した草薙剣は宮中にあったということになっていて、その草薙剣が天武天皇に祟ったという。それはどういうことを意味しているのか?
 天武天皇の後が天武の皇后だった持統天皇で、文武天皇(天武の皇子・草壁皇子と元明天皇との間の皇子)を挟んで次ぎが元明天皇となる。文武天皇が25歳で死んでしまい、その皇子が幼かったため、元明天皇が間をつなぐことになった。元明天皇は、天智天皇の皇女だ。
 元明天皇は都を奈良の平城京に移した天皇であり、712年に『古事記』が完成したときの天皇でもある。しかし、『古事記』には草薙剣盗難事件は書かれていない(『日本書紀』が成立した720年はまだ元明天皇は生きていたものの譲位して天皇ではなかった)。
 国外に向けた正史である『日本書紀』に書かれていて、国内向けの『古事記』には書かれていないということはどういうことを意味しているのか。草薙剣を新羅の人間が盗もうとしたと書けば、それは新羅の人間も知ることになり、両国の関係に何らかの影響を与える可能性がある。それが事実であれ作り話であれ、あえて書いたということはそこに何か意図や狙いがあったということだろう。
 こういった一連の政治的状況と草薙剣盗難事件が無関係だったはずはない。事実がどうだったかも重要なのだけど、どうしてそういう歴史が伝えられるようになったのかを考える必要がある。
 草薙剣を盗まれたことを元明天皇に知られると何がまずかったのか? 草薙剣は天皇の即位に必要な三種の神器のひとつであるけど、熱田社の御神体であると同時に宮中にもあったはずだ。神社の勧請と同じで、複製したものはレプリカではなくすべて本物と同じという扱いになる(壇ノ浦の戦いのとき海に沈んだから今のものは偽物という指摘も当たらない)。
 盗まれたことよりも渡ってはいけない相手に渡ることを恐れたということだろうか。それが新羅ではまずいと。

 草薙剣は銅製か鉄製かという議論がある。
 銅製なら鋳造(ちゅうぞう)で、鉄製なら鍛造(たんぞう)だ。鋳造は溶かした金属を型に流し込んで固めて造るのに対して、鍛造は叩いて形を作ることをいう。
 草薙剣は神職も見てはならないということになっていて誰も見たことがないとされているのだけど、江戸時代前期の1686年に熱田社が修理されたとき、役人たちがこっそり見たという記録が伝わっている。
 それによると長さは二尺七寸(約82cm)ほどで、中程に厚みがあり、本の方六寸は節立っていて魚の骨に似ており、白っぽい色をしているとある。
 それが確かだとすると、両刃の剣で、鉄製ではなく白は白銅色ということになるという。
 しかし、鋳造した銅剣にしては長すぎるという話もあり、赤土で覆っていて錆びていなかったとすれば日本刀のような鉄製ではないかともいう。
 草薙剣が銅剣なら鳥栖八劔社で造ったのも銅製だろうし、草薙剣が鉄製なら鳥栖八劔社でも鉄製ということになる。
 708年当時の尾張で鉄を鍛造して刀を造れた集団はごく限られていただろうから、それがこの地に住む集団だったのかもしれない。
 銅製だとしても、熱田で造ると知られてしまうから、少し離れたこの地で造ったということだろうか。
 ちなみに、和銅元年(708年)という年は、武蔵国秩父郡(埼玉県秩父市黒谷)で初めて和銅(ニギアカガネ)の銅塊が発見されて朝廷に献上された年で、それを祝って和銅に元号が改められた。元明天皇のときで、この年に古銭でおなじみの和同開珎も鋳造された。

 神社がある古墳は、帆立貝型前方後円墳で、その形状から尾張では最古級のものと考えられている。詳しい調査は行われていないため、はっきりしたことは分かっていない。
 場所としては笠寺台地の北東部で、台地の縁からは少し離れている。
 最古級ということは5世紀前半か、もしかすると4世紀か。
 熱田の断夫山古墳などは6世紀前半とされているから、それと比べるとずっと前のものだ。
 当時、この地区を支配していたのはどういう氏族だったのか。尾張氏の本拠ではないから別の勢力だろうけど、まったく無関係ということはなかったのではないか。
 全長は約60メートルで、二段階になっており、後円部の直径は約45メートルとされる。チャートの小礫が見つかっていることから葺石だった可能性がある。
 708年当時もここが古墳だという認識はあったはずだ。被葬者まで分かっていたのかどうか。古墳の上に新剣を清める神殿を造ったというのであれば、ここを特別な場所と考えていたということだろう。
 壬申の乱のときは尾張氏をはじめ尾張の豪族は大海皇子に力を貸しており、天武天皇以降は尾張氏が中央との結びつきを強くしていった。その頃までに尾張氏は尾張国全域を支配下に置いていただろうとも考えられている。

 ついでに書いておくと、鳥栖は「とりす」と読み、鳥栖城(とりすじょう)があったことから地名となった。八劔社のすぐ西、今の成道寺の場所にあったとされる(鳥栖城の鳥栖がどこから来ているかは調べがつかなかった)。
 築城されたのは室町時代中期の1467年頃という。これは応仁の乱が始まった年だ。
 寺部城の山口氏の重臣だった成田氏の居城と伝わる。築城者は成田縫之助時重。
 当初は取隅城(とりすみじょう)と称していたようだ。
 規模は東西約165メートル、南北110メートルほどだったという。
 山口氏ともども織田信長と戦って敗れ、1559年頃廃城になったとされる。
 1770年頃に尾張藩士になっていた成田氏の子孫が尾張藩に禄を返上して農家になったとされ、鳥栖城の跡地に1774年に成道寺が建てられた。成田氏の菩提寺だった鶴松寺を再興して成道寺としたともいう。

 こんな面白いエピソードがあるにもかかわらず、『尾張志』など江戸期の書には何も書かれていない。
『尾張志』には「八劔ノ社 東の切の本居神 境内の摂社にいなりの社あり」とだけあり、
『寛文村々覚書』では、
「社弐ヶ所 内 神明 劔大明神 村中支配 社内二反九畝拾歩 前々除」
『尾張徇行記』では、
「神明社 剣大明神社覚書ニ、社内二反九畝十歩前々除村中支配 庄屋書上ニ、神明社内松山九畝十歩、剣大明神社内松山二反共ニ前々除地支配トアリ 府志ニハ神明祠 八剱祠トアリ」
 と、それぞれあっさりした記載しかない。
『尾張名所図会』でも扱われていない。
『愛知縣神社名鑑』はこう書く。
「創建は古く和銅元年(708)9月9日と云う。輪の内の氏神として崇敬深く明治5年7月、村社に列格する」

 草薙剣にまつわる話を全部作り話としてしまうと身も蓋もなく、真実を知ろうとしてもどこまでいっても分からない。
 鳥栖八剱社の話は何かしらの真実を伝えるものなのだろう。実際にそんなことがあったのかもしれない。火のない所に煙は立たないというように、まったくゼロ要素のところに神社は建たないし、話が生み出された背景というのは必ずあるものだと思う。歳月を経る中で話が大げさになったりねじ曲がったりするのは自然なことで、だからといって全部が嘘というわけではない。
 この考察の続きは、熱田の八剱社のところでやろうと思う。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

草薙剣の代わりを作った地というのは本当か鳥栖八劔社

HOME 南区

スポンサーリンク

Scroll Up