七本松神社

残ったのは七本松の地名と小さな神社だけ

七本松神社

読み方 しちほんまつ-じんじゃ
所在地 名古屋市中区千代田3丁目17 地図
創建年 不明
社格等 不明
祭神

不明

 アクセス

・地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」から徒歩約7分
・駐車場 なし

webサイト  
オススメ度

 ここは前津小林村と御器所村の村境で、七本の大きな松があったことから七本松と呼ばれていたという。
 江戸時代にはすでに二本だとか三本だとかになっていたようで、最後の一本も大正時代に枯れてしまったとのことだ(空襲で焼けたという話もある)。
 昭和7年から昭和44年まであった七本松町(しちほんまつちょう)の町名も今はもうない。通りや公園の名前として残っているくらいだ。

 七本松にある神社だから七本松神社ということなのだろうけど、地名を神社名にされてしまうと神社の本体が分かりづらくなる。
『愛知縣神社名鑑』でも、『尾張志』などの江戸時代の書物でも、この神社についての情報を得ることはできなかった。
 境内に由緒書きのたぐいもなく、ネット情報も拾えない。
 分かるのは名前だけで、祭神も、創建時期も、推測するための手がかりがない。神社の系統すらさっぱり分からない。

 この七本松に願掛けをすると願いが叶うという伝説があったという話もあるのだけど、江戸時代にすでに二本だか三本だかになっていたというのであれば、その伝説自体が作り物という可能性が高い。
 あるいはこの神社と何か関係があったりするのだろうか。
 少し北の千代田1丁目には老松公園、老松小学校などがある。かつての老松町(おいまつちょう)の名残だ。
 このあたりにはそれだけ松が多かったということだろう。

 大池も七本松もなくなり、風光明媚な行楽地だった前津小林の面影は今の千代田にはない。精進川も新堀川という人工運河に変えられ、風情も何もあったものではない。
 町が発展していくためには仕方がないことといえばそうなのだけど、急ぎすぎた開発によって失われたものは少なくない。ある時期の日本人は、将来を考えて何を残すべきなのかということが分かっていなかった。
 そんな中、この小さな七本松神社だけでも残ったことでよしとすべきだろうか。この神社にまつわる物語のひとつでも伝わっていればもっとよかったのだけど。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

松はもうない七本松神社

HOME 中区

スポンサーリンク
Scroll Up