生玉稲荷神社

名古屋では意外と少ない稲荷神社のひとつ

生玉稲荷神社拝殿

読み方 いくたま-いなり-じんじゃ
所在地 名古屋市守山区小幡中3-13-44 地図
創建年 伝1200年頃(鎌倉時代前期)
社格等 八等級
祭神

倉稲魂神(うかのみたまのかみ)
大巳貴神(おおなむちのかみ)
保食神(うけもちのかみ)
大宮女神(おおみやのめのかみ)
大田神(おおたのかみ)

 アクセス

・名鉄瀬戸線「小幡駅」から徒歩約17分
・駐車場 あり

webサイト  公式サイト
オススメ度

 名古屋市内で独立した稲荷神社というのは案外少ない。大きなところでいうと5社もないはずだ。一方で、ある程度の規模の神社には境内社としての稲荷社がたいていある。なので、稲荷社は多いといえば多いし、少ないといえば少ない。
 全国で見ると、主祭神として祀っているところが3,ooo社ほどで、社としてあるのが約30,000社、小さなものをあわせるとその数倍ともいう。
 稲荷社はもともと、渡来系の秦氏(はたうじ)が山城国(京都)の稲荷山三ケ峰に稲荷神を祀ったのが始まりとさている(711年)。
 秦氏は秦の始皇帝の末裔を名乗り、283年に朝鮮半島の百済(くだら)から日本に渡ってきて帰化した弓月君を祖とする。ただ、いろいろな説があり詳しいことは分かっていない。
 太秦(うずまさ)の秦氏が松尾社(まつのおしゃ/松尾大社)を創建(701年)したのに対し、伏見の稲荷社(伏見稲荷大社)を創建したのは弟の秦伊呂巨の家系としている。
 秦氏は本来、技術者集団としての性格が強く、日本に様々な技術や知識を持ち込んだことで大きく貢献し、のちに権力機構にも飲み込まれつつ関わっていくことになる。深草や嵯峨などを拠点としつつ、各地に勢力を広めていった。
 大きく力を持つようになったのは、都が平安京に移されたのがきっかけだった。遷都に関わっていたという見方もある。
 都の守護神として知名度と権威を上げる一方、東寺建造に尽力して東寺の守り神となったことで真言密教などの仏教系とも結びついていく。
 神道における稲荷神はウカノミタマ(宇迦之御魂神/倉稲魂命)とされ、仏教における神は荼枳尼天(だきにてん/インドの女神ダーキニー)とされる。
 その後、様々な神や仏と習合しながら稲荷神は武家から民衆の間に広まっていくことになった。
 明治の神仏分離では稲荷神社と稲荷系の寺院に分かれた。仏教系の稲荷の代表が豊川稲荷などだ。

 守山区小幡にある生玉稲荷神社の創建は鎌倉時代前期の1200年頃とされる。創建についての詳しいいきさつは伝わっていない。
 ここで周辺の状況や時代背景などについて確認しておく。実はこれがけっこうややこしくて、私自身、頭の中で整理しきれていない。なので、まず箇条書きにしてみる。

・生玉稲荷神社の南、約600メートルほどのところに白山神社(地図)がある。
・白山神社は現・瀬戸街道入り口参道から100メートルほど進んだところに本殿が建っている。
・瀬戸街道の前身は水野街道と呼ばれた通りで、尾張藩初代藩主の義直が守山、瀬戸方面で鷹狩りをするために整備した道である。
 義直は瀬戸の定光寺地図)に葬るよう遺言を残し、定光寺に墓所が作られてからは更に街道として整備された。
・白山神社は古墳の上に社殿が建てられている。
・古墳は小幡南島古墳と名付けられた直径33メートルほどの円墳で、築造時期は6世紀と考えられている。6世紀前半とも6世紀後半ともいわれはっきりしない。
・白山神社の西600メートルほどのところに5世紀末から6世紀初頭に造られたとされる瓢箪山古墳(全長63mの前方後円墳)がある(地図)。
・白山神社の南西2キロほどの場所に市場白山神社があり、そこに100メートル級の大型前方後円墳がある(地図)。それは4世紀後半の古墳時代前期に築造されたものと考えられている。
・現・白山神社がある場所にはもともと愛宕社が建っていた。
・明治43年(1910年)、東城にあった白山神社(村社)、常燈にあった神明社、北屋敷にあった諏訪社をこの場所に移し、愛宕社もあわせて合祀し、白山神社とした。
・元・白山神社には500年代終わりから600年代初頭の時期に、欽明天皇の皇子である小墾田王(おはるだおう)がこの地にやってきて創建したという伝承が残されている。
・古墳がある現・白山神社と生玉稲荷は南北直線上に並んでいる。
・生玉稲荷神社から見て北東200メートルほどのところで牛牧遺跡(地図)が見つかっている。
・牛牧遺跡は出土品から縄文時代から古墳時代にかけて長い期間人が暮らしていたことが分かっている。
・古墳、神社、遺跡がある場所は、南の矢田川と北の庄内川に挟まれた台地の上である。それは、縄文時代も陸地だったことを意味する(縄文海進で高台以外は水没している)。

 さて、これらのデータから生玉稲荷神社の創建をどう考えるべきかということになる。
 年代順に考えると、近くが海岸だった縄文期に、ここに人が暮らしていた。それは弥生期、古墳期と進んでも集落が続いた。
 4世紀末から6世紀にかけて古墳が築かれた。被葬者はこの地を支配した豪族の首長だろう。時期的には、志段味古墳群や熱田などの古墳群と重なる。
 6世紀までには尾張氏が尾張国一帯をほぼ制圧したとされているから、その勢力外というのは考えにくい。とはいえ、本家筋の主流派ではないだろう。
 600年前後に欽明天皇の皇子の小墾田王がこの地にやって来て神社を創建したという話をどう捉えるべきか。815年に編さんされた『新撰姓氏録』(古代の氏族の名鑑)にそのことが書かれているというのだけど(私は未確認)、公式な欽明天皇の系図にこの皇子の名前は出ていない。
 小幡の地名は、この小墾田から来ているという説がある。ただ、墾は開墾の墾で、単純に田んぼを開墾した土地が地名の由来とも考えられる。
 欽明天皇の皇子が尾張の片田舎にやって来たという話は唐突すぎるように感じるのだけど、年代的なことを考えるとまんざらでたらめでもないかもしれない。
 というのも、父親の欽明天皇(29代)は継体天皇(26代)の息子だからだ。越前からやって来た継体天皇を大いに助けたのが尾張氏で、尾張草香(おわりのくさか)は娘の目子媛( めのこひめ)を継体天皇の妃として送り込み、その子供が安閑(27代)、宣化(28代)となっている。
 欽明天皇は仁賢天皇(24代)の娘と継体天皇の間に生まれた子供で、安閑、宣化の異母兄弟になる。
 欽明天皇は宣化の娘と結婚して、子供が敏達天皇(びだつ/30代)となった他、蘇我稲目の娘と結婚して、子供が用明天皇(31)、崇峻天皇(32)となっている。
 近親結婚と政略結婚が入り交じってかなり複雑な人間関係になっているのだけど、勢力争いに敗れたり関わるのを避けた皇子たちが各地に散らばっていったであろうことは想像がつく。都にとどまっていたら政争に巻き込まれて命を落とす危険がある。
 小墾田王という人物が確かにいたとして、尾張国は充分つてがあったと考えてよさそうだ。少なくとも何の根拠もなしに作り上げた嘘とも思えない。
 小墾田王が創建したのが白山神社だったのかどうか。白山神社の総本社は加賀国(石川県)の白山比咩神社で、創建は紀元前ともいわれているけど実際の創建は何世紀のことなのか。
 白山に実際に登って開山したのは泰澄で、718年とされている。
 どういう意図で白山神社を建てたのかは分からない。
 元・愛宕神社についても不明としか言いようがない。

  ここまでを踏まえた上で、生玉稲荷神社の創建についてあらためて考えてみる。
 鎌倉時代初期、水野街道の元となる道はすでにあったと見ていいと思う。その街道から少し入ったところに愛宕社がある。その愛宕社は6世紀に築かれた古墳のところにある。
 愛宕社から参道を北へ延ばした格好の奥の院ともいうべき場所に稲荷社を建てた。
 稲荷社からすぐ北には縄文時代から続く集落があった。鎌倉時代までにその集落がどうなっていたかは分からないけど、人が暮らしていた可能性は高い。稲荷社の創建がその人たちだったのか、別の勢力が他からやって来て建てたのかはなんとも言えない。
 少し離れた東城にはすでに白山社があったかどうか。
 愛宕神社もまた、白山を開いた泰澄が関わっている。大宝年間(701-704年)に、修験道の祖とされる役小角とともに愛宕山に登ったとき、天狗と出会って神廟を建てたのがその始まりと伝わる。
 愛宕社も稲荷社も総本社は京だ。このつながりは無視できない。そこに白山社も絡んでくる。
 鎌倉期に至るまでの時代の変遷と、土地柄と、周辺の環境、状況と、古墳と神社の位置関係を考え合わせると一本の線でつながるような気がするのだけど、まだはっきりとは見えてこない。

 時代は進んで戦国時代。
 生玉稲荷神社の西300メートルほどの場所に小幡城(地図)が築かれた。
 織田家の家臣だった岡田重篤(おかだしげあつ)が1522年に築城したと伝わる。
 守山城主だった織田信光が入城するも、1555年に信光が殺されていったんは廃城になった。
 1580年頃、小幡の領主だった織田正信(おだまさのぶ/源三郎/赤千代)が生玉稲荷社を城内の守護神として奉祀という。正信は信成の長男で、母は信長の妹(小幡殿)なので、信長の甥ということになる。
 本能寺の変(1582年)ののち、正信は信長の次男の信雄に従うことになる。
 1584年の小牧長久手の戦いの折、家康は犬山城から長久手に向かう途中で小幡の正信宅で一泊したとされる。そのとき、正信の家臣がうちの稲荷はいいんですよと家康に勧めて、稲荷山から切り取ってきた竹を旗竿にして贈ったというエピソードが残っている。
 合戦前の備えとして、本多広孝や松平家忠らを派遣して改築したあと守備させたという話もある。
 小牧長久手の戦いののち、再び廃城になったとされる。
『寛文村々覚書』(1670年前後に編さん)には、「織田源次郎三代居城之由、今ハ畑ニ成」とある。
 1650年に大洪水で社殿が流失したという。矢田川からも庄内川からもけっこう離れているのだけど、大洪水というからには庄内川が氾濫したということだろうか。
 江戸期は小幡稲荷と呼ばれたそうで、現在の社名になったのは明治12年(1879年)のことだ。
 昭和20年(1945年)の空襲で全焼。
 現在の社殿は昭和49年(1974年)に建て直されたものだ。
 毎月1日と15日は、朝6時から10時まで朝市が開かれている。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

生玉稲荷神社

HOME 守山区

スポンサーリンク
Scroll Up