守山区天王社・小社(まとめ)

【下志段味長戸天王社】

下志段味長戸天王社

所在地 名古屋市守山区下志段味長戸 地図
 アクセス 市バス「天王橋停留所」下車(印場←→高蔵寺)
駐車場 なし

 長戸川に架かる天王橋近くにある天王社。
 赤色に塗られた典型的な姿の天王社で、社号標もあって分かりやすい。
 守山区にはこうした小さな天王社が多い。どうして守山区にだけこれほど多く残ったのか、残すことができたのかは分からない。
 他の区では熱田・秋葉・津島をセットにした屋根神様のパターンが多いのに対して、守山区は津島社ではなく天王社という名前で残した。理由は不明ながら地域性には違いない。

 社の北を東西に流れている長戸川は、尾張旭市と守山区にまたがる滝の水池を水源として、下志段味落合で庄内川に注いでいる。
 志段味一帯は玉野川(庄内川)がよく氾濫して被害を受けた地区で、小川や溜め池も多い。
 地域の守り神として天王社が祀られたのだろう。それは神仏習合の牛頭天王だったのだろうけど、スサノオも意識したものだったかもしれない。

作成日 2018.5.27

【四軒家1天王社・秋葉社】

四軒家1天王社

所在地 名古屋市守山区四軒家1丁目 地図

アクセス

市バス/名鉄バス「四軒家停留所」下車
駐車場 なし

 四軒家地区集会所の隣にある天王社。
 横に並んでいるのは秋葉社のようだ。
 集会場は弘法堂でもある。中に弘法さんが祀られているという。

 江戸時代のこのあたりは大森村の支村の森孝新田と呼ばれた場所で、尾張藩の家老、成瀬隼人正の松林があった。
 それが明治になって官有林となり、管理をする杣人(そまびと)の小屋がこちらに四軒、あちらに三軒というようにあったことが四軒家(しけんや)、三軒家(さんげんや)の由来とされる。
 江戸時代の文人、
露竹斎宇朝(ろちくさいうちょう)は、「隼人林、古松左右におい茂りて淋し」と書いている。

作成日 2018.5.27

【喜多山1天王社】

喜多山1天王社

所在地

名古屋市守山区喜多山1丁目1 地図

アクセス

名鉄瀬戸線「喜多山駅」から徒歩約4分
駐車場 なし

 名鉄瀬戸線・喜多山駅の南、瀬戸街道沿いの北側にある天王社。
 瀬戸街道は古くからあった道で、南区の星﨑あたりで作った塩を信州方面へ運ぶために利用されていた。江戸時代は名古屋と瀬戸をつなぐ重要な道で、尾張藩祖代藩主の義直が定光寺に通うために整備したりもした。その義直は瀬戸定光寺に葬られることになり、尾張藩代々の藩主は廟所への行き帰りにこの道を通った。
 今昔マップの明治中頃(1888-1898年)を見ると、ここは東の大森村と西の小幡村の間ということが分かる。西一帯にあった小幡射的場は明治になって作られた日本陸軍の施設だ。
 喜多山の地名は北山にめでたい字を当てたものというのだけど、いつ頃から使われるようになったのかはよく分からない。昭和以前ではあるけど、それほど古い表記ではない。
 街道沿いにはポツポツ家が建っていたようだから、それらの家が祀ったのが最初かもしれない。元からこの場所にあったとは限らない。

 外観は守山区に残る天王社の典型的なもので、やや特徴的な赤色で全体が塗られている。
 社の中には津島神社(web)の御札が祀られていた。新しいようだったので毎年受けているのだろう。
 素朴な木像も納められているのだけど、新しいものなのか古いものなのか。古いものであれば牛頭天王をかたどった神像ということになるだろうか。

作成日 2019.7.18

【小幡南天王社】

小幡南天王社

所在地

名古屋市守山区小幡南3丁目17 地図

アクセス

名鉄瀬戸線「小幡駅」より徒歩約10分
駐車場 なし

 名鉄瀬戸線の線路から少し南へ入った住宅地に祀られている天王社。
 社と覆屋が赤く塗られているのは守山区一帯に多く残る天王社の特徴だ。
 おそらくもともとは厄除けのために牛頭天王を祀っていて、今は津島神社(web)から御札を受けてスサノオを祀っているだろう。
 江戸時代はこういった天王社が名古屋中にあったはずで、どうしてそれが守山区にだけ多く残ることになったのか、理由は考えてもよく分からない。

 今昔マップの明治中頃(1888-1898年)を見ると、瀬戸線が通る以前は瀬戸街道の南は雑木林だったようだ。道沿いに家が点在しているくらいで、小幡村の集落は今の小幡駅とその西側にあった。
 現在の社がある場所は雑木林の中なのだけど、すぐ東に細い道が通っていたことからすると、わりと古くからこのあたりにあったのかもしれない。早ければ江戸時代中期以降、遅ければ明治に入ってからとも考えられる。
 小幡南のこのあたりが住宅地になったのは戦後しばらくしてからのことだ。
 小幡南の町名は平成6年(1994年)に成立した。
 3丁目は、大字小幡字山脇と字存命の全域と字深河の一部から成っている。

 こういった経緯を考えると、江戸時代中期以降、もしくは明治に祀った天王社を戦後に区画整理されたときに現在の場所に移したと考えるのが自然な気がする。隣の民家の方ならそのあたりの事情をご存じだろうか。

作成日 2019.7.26

HOME 守山区



Scroll Up