下知我麻神社(熱田神宮内)

マシキトベの本拠地はどこだったのか

下知我麻神社

読み方 しもちかま-じんじゃ(あつたじんぐう-ない)
所在地 名古屋市熱田区神宮1丁目1 地図
創建年 不明
旧社格・等級等 不明
祭神 真敷刀俾命(ましきとべのみこと)
アクセス 地下鉄名城線「神宮西駅」から徒歩すぐ
駐車場 あり(無料)
webサイト  
オススメ度

 熱田神宮(web)の摂社のひとつ。境内地にはあるのだけど、南、西、東のどの鳥居から入ってもいったん外へ出ないと行けない場所にある。
 いつ頃からこの神社がここにあったのかは定かではないものの、古くからここにあったようで、江戸時代は紀大夫社(きたゆうしゃ/きだゆうしゃ)と呼ばれていた。
 927年の『延喜式』神名帳に愛智郡下知我麻神社として載る古社で、現在の祭神は真敷刀俾命(マシキトベ)となっている。
 マシキトベは上知我麻神社の祭神となっている尾張国造の乎止與命(オトヨ)の妃であり、宮簀媛(ミヤズヒメ)と健稲種命(タケイナダネ)の母ともされる。
 熱田神宮本殿の西北にあり、社は西を向いている。本社に背を向けるようであり、本社を守っているようでもある。いつからこうだったのかは分からないけど、何からの意図があったと考えられる。昔から旅行の安全を司る神とされたということにも何かヒントがありそうだ。
 古くから伝わる変わった風習として、熱田社境内の菅原社で参拝した後、下知我麻神社を参拝して神前の石を拾って持ち帰り、願いが叶ったらその石の倍の大きさの石を菅原社に奉納したというものがある。

 名前からして上知我麻神社と下知我麻神社はセットには違いない。最初から上・下だったのか、途中から分かれたのかは分からない。
 知我麻(チカマ)は千の竈の千竈(チカマ)から来ており、千竈郷と考えられる星﨑(南区)にあったという説がある。星﨑の星宮社の境内社に上知我麻神社・下知我麻神社の社が並んであり、そこが旧地だともいう。
 一説では鎌倉時代に熱田に移したとされる。
 本来の祭神は星﨑の地に塩作りを伝えた伊奈突智翁命(イナツチノオジ)だったとされる。
 塩土老翁(シオツチノオジ)と名前が似ているけど、あえて塩ではなく伊奈としたということはやはり別だろうか。「イナ」は稲に通じるから稲作ももたらした人物(氏族)だったかもしれない。ツチはカグツチなどもそうであるように、霊者を意味する。
 イナツチノオジが塩作りや稲作を伝えたとすれば、それは西からやって来たよそ者ということになりそうだ。それが後に尾張氏につながっていったとすれば、上下の千竈神社が尾張氏の祖を祀るとすることも的外れではない。

 マシキトベは尾張の大豪族、尾張大印岐(おわりのおおいみき)の娘とされる。
 オトヨの素性についてははっきりしない。どこかからやって来て、マシキトベと結婚したというのであれば、それは入り婿という形だったと思われる。
 マシキトベの「トベ」はヤマト王権が確立される以前の称号で、女性首長の名称だった。戸部、富部、戸辺などの字を当てた。
 オトヨがいつの時代の人だったのかはよく分からないのだけど、第13代成務天皇に尾張国造に任じられたという話を信じれば4世紀ということになるだろうか。
 尾張氏系図に関しては、オトヨ以前のものは他の系図との結合で、実質的にはオトヨが初代の尾張国造とされる。アマテラス、アメノホアカリと続く天孫系につらなるように作られたものと考えられている。その結果、本来の素性が隠されてしまった。実際の父も母も分からない。
 尾張国造に任命されるというからにはおそらくヤマトから来ているのだろうし、素性の分からない人間を尾張側が受け入れて婿にするはずもない。オトヨの入り婿はお互いにとってメリットがあったからこそ成立したものに違いない。オトヨにすれば尾張を含む濃尾平野に勢力基盤を置けるし、マシキトベ側にしたら中央の朝廷とつながることができたからだと考えられる。
 問題はマシキトベの本拠地がどこにあったかということだ。

 空白の4世紀という言葉あるように、4世紀の倭国がどういう状況だったのかを伝える史料がほとんどないため、よく分かっていない。
 尾張でいえば、弥生時代の集落は北側に偏っている。清洲の朝日遺跡は敵からの防御をガチガチに固めた環濠集落で、縄文時代から弥生時代にかけて長らく人が暮らしていたことが分かっている。入り海を挟んで東には西志賀遺跡があった。
 更に北の一宮市萩原には萩原遺跡群があり、これも大きな集落だった。一説では邪馬台国と争っていた狗奴国がここにあったのではないかともいわれる。
 南に目を向けると、笠寺台地の見晴台遺跡がある。ここは縄文時代に発展して弥生時代になると衰弱したようで、古墳時代の遺跡は見つかっていない。
 奈良の纒向(まきむく)にヤマトがあったことは間違いないだろう。纒向には各地から土器などが持ち込まれており、尾張地方特有のS字甕(S字状口縁台付甕)も大量に見つかっていることから、ヤマト建国に尾張の勢力が関わっていたと考えられる。
 ただ、尾張の古墳築造時期は遅く、4世紀のものとなると犬山の東之宮古墳や東海市名和町の兜山古墳、守山区東谷山の尾張戸神社古墳や志段味の白鳥塚古墳などくらいしか見つかっていない。尾張最大の前方後円墳である熱田の断夫山古墳などは6世紀前半のものとされている。
 オトヨは尾張にやってきて現地で行き当たりばったりに情報を集めてマシキトベを見つけ出したわけではあるまい。その当時、尾張で最も力があったのがマシキトベではなかっただろうか。あるいは一番力のある勢力を打ち負かすためにマシキトベの力を借りることにしたのか。
 いずれにしても、マシキトベの本拠地がどこだったのかが重要な鍵を握っている。このあたりのことは、ヤマトタケルとミヤズヒメとの話とも関わってくることで、あるいはオトヨとマシキトベの話がそのままヤマトタケルとミヤズヒメの神話に移されたという可能性もある。
 オトヨを尾張国造に任じた成務天皇はヤマトタケルの父である景行天皇の子供なので、ヤマトタケルと成務天皇は兄弟ということになる。
 ヤマトタケルのモデルがオトヨだとすれば、オトヨは天皇の皇子、もしくは兄弟だったということになりはしないか。
 マシキトベがミヤズヒメなら、ヤマトタケル=オトヨ亡き後、それを祀るために熱田社を建てたということになるだろうか。
 ミヤズヒメは宮主姫とも表記し、これは文字通り宮の主の姫ということになる。この時代、女首長は同時に巫女であったとしても不思議ではない。その場合、ミヤズヒメはマシキトベの別名ということになりそうだ。
 だとすれば、ミヤズヒメの痕跡が濃く残る火上山(緑区大高)がマシキトベの本拠地だった可能性が出てくる。
 ヤマトタケルがミヤズヒメに出会った伝承地として松后社がある。現在は熱田神宮の南にあるのだけど、この松姤(まつご)が松巨島(まつこしま)から来ているとすれば、松姤社はもともと松巨島にあって、後に熱田に移されたということかもしれない。
 ただ、この時代の尾張の重心はもっと北の一宮、稲沢、小牧あたりだったように思える。小牧市に尾張の地名発祥の地とされる尾張神社があり、稲沢にはマシキトベの父である尾張大印岐命を祀る神社があったという話もある(今の久美助稲荷)。稲沢は古代律令制時代に国府が置かれたところで、一宮には尾張国一宮の真清田神社がある。
 オトヨとマシキトベの息子のタケイナダネは春日井市の内々神社で祀られている他、丹羽縣の大荒田命の娘、玉姫と結婚したとされる。これもどうやら入り婿だったようで、大荒田命の勢力を借りて地盤を拡げたことが伺える。大荒田命は邇波県君の祖で犬山市の尾張国二宮・大縣神社(おおあがたじんじゃ)で祀られている。
 タケイナダネの息子の尻綱根命(シリツナネ)は犬山の針綱神社の祭神だ。
 父親のオトヨの代で南を開拓し、息子のタケイナダネが北部に進出したとも考えられるか。
 尾張という地名の由来については諸説あり、今のところ定説はない。尾が張っているような地形からとか、尾治という表記があることから開墾した土地を意味する治が語源ではないかなどともいう。
 一方で葛城(奈良県)の高尾張邑から移住した人々が尾張を称したという説もある。
 もし、オトヨがこの地に来て尾張を名乗ったのが始まりだとすれば、オトヨは高尾張やその他尾張という言葉に関連するところから来たという可能性が考えられる。
 土地としての尾張が先か、氏としての尾張が先かによっても話は違ってくる。

 とりとめもなくなってしまったのだけど、熱田社関連はここでいったん終了ということになる。まだ分からない部分が多すぎるので少し時間を置いて理解度が深まったら書き直すなり追記するなりしたい。
 名古屋市内の神社だけを回っていても見えてこないものがあるので、市内編が終わったら市外編もやって、尾張国全体として俯瞰する必要がある。
 尾張氏の発祥と成立については、尾張北西エリアが重要な鍵を握っていることは確かなようだ。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

 

HOME 熱田区

Scroll Up