内田町神社

名前以外分からない小さな神社

内田町神社

読み方 うちだちょう-じんじゃ
所在地 名古屋市熱田区神戸町 地図
創建年 不明
社格等 不明
祭神

不明

アクセス

・地下鉄名城線「伝馬町駅」から徒歩約10分
・駐車場 なし

webサイト  
オススメ度

 景清社を探してうろついていたときにたまたま見つけた小さな神社。
 内田町神社と書かれた看板が立っているので分かりやすい。
 ただ、地図を見ると神戸町(ごうどちょう)と内田町の境界線上で、どちらかというと神戸町側に寄っている。それでも内田町神社とあるからには内田町が管理しているということだろうか。
 この神社について分かっていることはほとんど何もない。いつ誰が建てたのか、祭神は何なのかも、まったく調べがつかなかった。予測もつかない。分かっているのは名前だけだ。

 東海道の宮の渡しがあった場所から少し北へ入った住宅地の中にある。神社左手には市営神戸荘、右手には家屋や店舗などが並んでいる。
 かつてこのあたりに西浜御殿があったと伝わっている。神社西の神戸荘1号棟や神戸公園があるあたりとされる。
 御殿というのは大名をもてなすための別荘のようなもので、尾張藩は東浜御殿と西浜御殿のふたつの御殿を持っていた。
 東浜御殿は尾張藩初代藩主の義直によるもので、1624年(または1634年)に七里の渡しの東側の海を埋め立てて建てたという。
 歌川広重が描いた浮世絵「宮 熱田濱之鳥居」の中で左端に一部姿を見せている。
 対して西浜御殿は2代藩主の光友が1654年に作らせたものだ。
 東西65メートル、南北59メートルというから、けっこうな規模のものだったようだ。
 どちらも幕末までに切り売りされたりなどして姿を消してしまった。はっきり描かれた絵図なども残っておらず、豪華絢爛なものだったという言い伝えとして残るのみとなっている。遺構は何もない。

 内田町神社がもともとこの場所に建てられたのだとしたら、西浜御殿と何らかの関係があったとも考えられる。
 秋葉社かもしれないし、熱田関連かもしれないし、この村の産土神かもしれない。なんとも言えない。
 いったん保留として、何か分かれば追記したいと思う。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

 

HOME 熱田区

スポンサーリンク
Scroll Up