星宮社

君はこの神社が奏でるハーモニーを聴くか?

星宮社鳥居と拝殿

読み方 ほしみや-しゃ
所在地 名古屋市南区本星崎町字宮西616 地図
創建年 伝・637年(飛鳥時代中期)
社格等  村社・十一等級
祭神

天之香々背男命(あめのかがせおのみこと)
國常立命(くにのとこたちのみこと)

アクセス

・名鉄名古屋本線「本星﨑駅」から徒歩約7分
・JR東海道本線「笠寺駅」から徒歩約28分
・駐車場 なし(スペースあり)

webサイト  
オススメ度 ***

 なんだここは。
 それが最初の感想だった。
 神社全体がざわめいている。いや、奏でているというべきだ。静かで力強いメロディーが境内に鳴り響いている。ソロではなくトリオかカルテットのような重奏だ。それが見事な調和をみせている。
 これはすごいところだなと、しみじみ感じ入ってしまった。他ではこの感覚は味わったことがない。

 ここはかつて海に向かって南に付きだした岬の突端だった。境内に灯された常夜灯の明かりが灯台のようだったという。
 式内社で熱田神宮摂社となっている上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)と下知我麻神社(しもちかまじんじゃ)の元宮があった場所というのが私のこの神社に対する認識だった。
 しかし、話はそう単純ではない。熱田神宮と絡んだことで余計に事態が複雑なことになってしまった。簡単には絡んだ糸を解きほぐせそうにない。
 謎解きは半ばあきらめた。あきらめたまま、複雑さをそのまま受け入れたい気持ちになっている。あの見事なハーモニーを聴かされてしまったら、謎解きなどという無粋なことはせずに、そのまま身を委ねるしかないではないかという気分だ。
 とはいえ、自分自身の頭の中を整理するためにも、分かっていることを書き出す試みだけはしておきたい。

 舒明天皇(じょめいてんのう)時代の637年に創建されたという話がまずある。
 ただし、場所はここではなく、北200メートルほどの笠寺小学校のグラウンドあたりだった(地図)。中世に現在地に移された(後述)。
『愛知縣神社名鑑』では「社伝に舒明天皇の九丁酉年(637年)神託により此の千竈の里に社殿を造して初めて星神を祀る」とある。けど、私としてはこれをあまり信じていない。
 最初は星の神・天之香々背男命(アメノカガセオ)/天津甕星神(アマツミカホシ)を祀る星宮ではなかったのではないかと思う。
 ただ、舒明天皇時代(629年 – 641年)、星﨑に隕石が降ってきたという言い伝えがあり、それが星宮社創建につながったという説もあるため、星神を祀る神社として建てられたという可能性もなくはない。
 そうでないとしたら、上知我麻神社の元となる社だとは思うのだけど、何の神を祀る何という名前の神社だったのかは不明だ。
 上知我麻神社は現在、熱田神宮摂社として境内にあり、乎止與命(オトヨ)を祀っている。
 元・星宮社は、創建時には熱田神宮とは直接の関わりがなかったと思われるため、当初の祭神はオトヨではなかったはずだ。
 上知我麻神社と対になる形で下知我麻神社がある。こちらも現在は熱田神宮摂社として境内にあり、真敷刀俾命(マシキトベ)を祀っている。
 ヤマトタケルの妃のミヤズヒメ(宮簀媛命)とタケイナダネ(建稲種命)は兄妹で、ふたり父が初代尾張国造(くにのみやつこ)オトヨだ。マシキトベはふたりの母でオトヨの妻という関係になる。
 下知我麻神社は、元・星宮社とは別のもっと北に鎮座しており、伊奈突智老翁(イナヅチノオジ)を祀っていたとされる。これは、星﨑の地に塩の製造方法を伝えた人物の神名で、地主神としている。鹽竈神社(しおがまじんじゃ)で祀られる塩土老翁(シオツチノオジ)と同一神なのか別なのかはよく分からない。
 星﨑のあたりは製塩が盛んな地で、かつては千竈(ちかま)と呼ばれていた。上下の知我麻(ちかま)神社の名前はここから来ている。多くの塩竈が並んでいる地というのが由来という説が有力とされる。

 時系列でいうと、次に起こった出来事は平将門調伏祈願の話だ。
 笠寺七所神社のところでも書いたように、935年に平将門が関東で反乱を起こすと、それを抑え込むべく朱雀天皇の命によって全国の寺社で祈祷が行われた。
 尾張では熱田神宮がそれを買って出て、熱田大宮、八剣宮、日割宮、高倉宮、大福田宮、氷上宮、源田夫宮のそれぞれの神を神輿に乗せて、鳥居山(今の丹八山/地図)で祈祷を行った。鎮圧翌年の941年に鳥居山に熱田の神を祀ったのが七所神社の始まりとしている。
 鳥居山とは別に神輿山(御輿山)にも同様の伝承がある。笠寺小学校の西、現在秋葉社(訶愚突知社/地図)がある場所がそこだという。そこは、元・星宮社があった場所だ。
 星宮社の社家が祈願をすると神社で七つ星が輝いたなどという話もある。
 元・星宮社と熱田神宮の関係が生まれたのは、この平将門祈祷のときだったのではないかと思う。
 ただ、忘れてはいけないのは、927年完成の『延喜式』の神名帳に上知我麻神社と下知我麻神社が載っているということだ。それぞれ「カムツチカマノ」、「シモツチカマノ」としている。つまり、平安中期の時点で、それぞれ別の神社で官社とされたということだ。
 その頃までにすでに熱田神宮の摂社となっていたのかどうかはなんともいえないのだけど、熱田の地に遷座(境外)したのは鎌倉時代という。
『延喜式』に星宮社は載っていない。尾張国の『国内神名帳』にもない。
 江戸時代、上知我麻神社は熱田神宮外の市場町にあり、源太夫社と呼ばれオトヨを祀っていた。下知我麻神社は旗屋町にあって紀太夫社と称してマシキトベを祀っていた。
 上知我麻神社が熱田神宮境内に移されたのは、戦後の昭和24年のことだ。
 下知我麻神社は『尾張名所図会』に「鎮皇門の北の築地(ついぢ)の外にあり」とあるから、現在地とさほど違わない場所にすでに移されていたようだ。鎮皇門は西門あたりにあったもので、空襲で焼けてしまって今はない。

 問題は、上下知我麻神社がいつオトヨとマシキトベを祀るようになったのか、という点だ。
 そして、元・星宮社はいつどの時点で星の神・アメノカガセオを祀る星の神社になったのか。
 星にまつわる言い伝えとしては、700年代と1205年にも星が降ったという話がある。
 これは隕石が神社近くに落下したということではなく、「入江に明星が降りる」という表現からしても、海に星が落ちたということだろう。ここは海を見下ろす岬の突端だから、流星などもよく見えたに違いない。
 現・星宮社の一番北の一番高いところに、上知我麻神社と下知我麻神社が並んである。本社を見下ろすような格好だ。
『尾張名所図会』には、同じ位置関係で小さな社が二つ描かれ、「イナツチヲキナノ社」とある。江戸期の認識として、ここは上下我麻神社ではなかったということだ。下知我麻神社の本来の祭神がイナヅチノオジだったということを考えれば、知我麻神社とも言えるだろうか。
 ちなみに、江戸時代前期の1632年に隕石が落下してきたことは事実で、その石は一時、喚續神社(よびつぎじんじゃ)で御神体として祀られたあと、国立科学博物館所蔵となっている。『尾張名所図会』の付録の図絵にもそのときの様子が描かれている。
 星﨑の名称が初めて登場するのは平安時代後期の堀河天皇(在位1087年-1107年)のときとされる。
「星崎や 熱田の潟のいさり火の ほのもしりぬや 思ふ心を」と歌われたように、星﨑は尾張国の歌枕だった。古くからある地名だったことは間違いない。その星﨑の地名が星宮社に由来しているというのなら、遅くとも平安期までには星宮社は星の神社になっていたということになる。

 星宮社が現在地に移されたのは星﨑城築城のときとされる。
 星﨑城はいつ誰が建てたのかはいくつか説があってはっきりしない。
 1177年-1181年に山田重忠が築城したというのが定説となっているようだけど、私はこの説は信じない。山田重忠の生年は記録に残っていないものの、1221年の承久の乱で命を落としたときは56歳だったという説を信じるなら、1181年でもまだ16歳でしかない。この年で城を建てるだろうか。
 1181年といえば、父の重満と兄が平家との墨俣川の戦いで戦死した年だ(治承・寿永の乱)。この頃の山田氏の本拠は大曽根の北の山田にあったと考えられている。父と兄をなくして山田の地から星﨑に移って星﨑城を建てたと考えられなくもないけど、可能性としては低い。
 2年後の1183年には木曾義仲に従って平家との戦いに参加して、そのまま京で京都守護の任に就いている。
 その2年後、鎌倉幕府から地頭に任じられて御家人になった。そのときの本拠も山田荘だったと考えられる。星﨑との接点が見えない。
 別の説として、戦国時代に小幡城主だった岡田重篤が築城したというのがあり、こちらの方が信憑性が高い。重篤は山田重忠の子孫で、重篤の代に岡田を名乗るようになり、織田信秀、信長の家臣となった武将だ。
 星﨑城築城がいつだったのかは、わりと重要な点だ。平安時代末だったのか、戦国時代だったのかの違いは大きい。
 それにしても何故、神社を城の南に移したのか。城の守り神とするなら鬼門の北東など、北に移す方が自然な気がする。地形的な問題だったのか、あえて南にしたのか、特別な意図があったのかなかったのかどうかは分からない。

 現在の祭神は、アメノカガセオとクニノトコタチ(國常立命)としている。
 どこからクニノトコタチを引っ張り出してきたのかがまた謎だ。最初は土地神を祀る神社だったにしても、星の神を祀る神社だったにしても、クニノトコタチはまったく関係があるとは思えない。
 クニノトコタチは、ある意味では日陰の神だ。根源神とされながらあまり表だって祀られていない。
 アメノカガセオは、まつろわぬ神とされ、最後は敗れた神だ。そういう意味ではどこか共通項があるようにも思える。それらの神を祀ったのは誰だったのか。
 そして、やはりそれがいつだったのかも重要な点だ。
 鎌倉時代の御家人で、千竈郷(今の南区千竈通)を本拠とした千竈氏の存在も気になるところだ。この一族が上下知我麻神社の遷座や、星宮社内の上下知我麻神社の創建(再創建というべきか)に関わりがあったのかどうか。
 現在の熱田神宮では、上知我麻神社は他の摂社とは別格扱いで、半ば独立した広い境内を与えられ、立派な社殿が建てられている。一方の下知我麻神社は、いったん境内の外に出ないと行けない北西の角にひっそりある。社もごく小さい。この扱いの違いは何なのか。
 下知我麻神社についての説明として「古くから旅行安全の神として信仰されております」とある。この説明も訳が分からない。マシキトベは別に旅の神様でもなんでもない。もとを辿れば星﨑の地主神で、製塩の神のシオヅチノオジを祀っていた神社だ。
 下知我麻神社は熱田神宮にとってさほど大事な神ではなかったということではないのか。こんな扱いを受けるくらいなら、マシキトベはオトヨの妻なのだから一緒に祀ってもらった方がいいんじゃないかとさえ思う。あんなに離されてしまう理由もない。

 謎を謎のまま受け入れればいいなどといいながら、結局あれこれ考えをめぐらせてくどくどと書くことになってしまった。
 何ひとつはっきりしたことは分からないというのが結論になるのだけど、どこがどう分からないかだけは整理できた。
 それにしても、これだけ複雑な経緯を辿りながら、現状の調和具合は奇跡としか言いようがない。神意というより偶然のなせるわざのようにも思える。いろいろな神がいろいろな形でここに祀られることになったのに、全然喧嘩していない。穏やかに鎮まっているというより楽しげに歌っているように私には感じられた。
 祝福、そんな言葉が似合う神社はそうはない。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

南区の星宮社は私にとって特別な神社のひとつとなった

HOME 南区

スポンサーリンク
Scroll Up