神明社(吉根)

江戸時代に建てられた神明社という感じではない

吉根神明社

読み方 しんめい-しゃ(きっこ)
所在地 名古屋市守山区深沢1丁目 地図
創建年 1724年?(江戸時代中期)
旧社格・等級等 不明
祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 アクセス ゆとりーとライン「上島停留所」下車(大曽根←→高蔵寺)
駐車場 なし
webサイト  
オススメ度

 この神明社は古墳の上にあり、城跡でもある。
 深沢・上島一帯は独立した河岸段丘で、東西150メートル、南北50メートルの範囲に小規模の古墳が8ヶ所見つかっている。出土した須恵器から7世紀後半に築造されたと考えられている。これは古墳時代の最晩年に当たり、すでに墳丘は築かれず、地面を掘って石を並べて石室を作るというスタイルになっている。
 吉根城は織田信長の次男・信雄(のぶかつ)の家臣だった北野彦四郎の城と伝わっている。
 神明社がある場所が本丸で、右手の山神社がある小山が物見台だったのではないかと考えられている。それ以外の詳しいことは分かっていない。

 神明社の社伝では創建を1724年としている。
 しかし、江戸期の書を見るともっと古くからあったように思える。
 1655-1658年頃調査したものを1672年頃にまとめた『寛文村々覚書』に神明社が載っている。
「吉根村 社三ヶ所 内 八幡 神明 山之神
 社内五反弐畝弐歩 前々除」
 この神明社が現在の吉根神明社のことであれば、前々除とあるから1608年の備前検地のときにはすでにあったということになる。吉根村の村域にここ以外の神明社は現存していない。
『尾張徇行記』にはこうある。
「社三ヶ所 八幡祠官長谷川助大夫書上ニ、氏神八幡社内松林東西四十二間南北十六間前々除、上田五畝十歩備前検除、神明社内松林四五間四面前々除、山神社内松林七間四面前々除、何レモ勧請年紀不知」
『尾張志』はこう書く。
「八幡社 吉根村にあり 天王白山を配享す」
「神明社 同むらにあり」
 1724年は創建ではなく遷座か修造ではないだろうか。

 今昔マップの明治22-33年(1888-1898年)を見ると、神社は現在地よりもっと北にあったことが分かる。この当時、庄内川の川幅は今より狭く、そのときの社地は現在川底になっている。まだ吉根橋は架かっていない。
 吉根村は庄内川の南の段丘に沿うように家が並ぶ南北に細長い村だった。もともとは庄内川近くに集落の中心があり、たびたび川が氾濫して被害を受けたため、少しずつ南の高い場所に移っていた。集落の北西は砂入地になって作物を育てることができなくなっていた。
 溜め池が多いのは当初、川から水を引けなかったからで、明治に入って地面を掘って村に水を通す工事が行われることになる。
 大正8年(1919年)に、神明社は吉根村の八幡神社に合祀された。
 その後、昭和48年(1973年)に元の鎮座地に遷座して現在に至る。元のといっても元地より南の高台で、八幡社の飛地境内社という扱いになっているようだ。
 そのせいもあるのだろう、神社本庁に入っておらず、『愛知縣神社名鑑』にも載っていない。

 本社向かって右手の小山の上に山神社(やまのかみのやしろ)がある。
 これは吉根村にあった山神社だと思う。
 石碑が二つあるので、別の場所にあったものを移したのかもしれない。
 境内向かって左手には水神と刻まれた石碑もある。大正二年九月建立とある。
 古い吉根橋のたもとにあったものを、新しい吉根橋が架けられることになったとき、ここに移されたようだ。

 吉根も古墳時代からの歴史がある土地なので、思いがけず古い神社があっても不思議ではない。この神社ももともとはアマテラスを祀る神明社ではなく別の神社が元になっている可能性もある。
 場所は移されているものの、古い空気感をたたえている。昭和48年に移されたものという感じではない。
 それは神社以前に土地が積み重ねてきた歴史の重みかもしれない。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

高台にある吉根の神明社

HOME 守山区

スポンサーリンク

Scroll Up