八王子神社春日神社

八王子神社は意外と重要な鍵を握っているかもしれない

八王子神社春日神社

読み方 はちおうじ-じんじゃ-かすが-じんじゃ
所在地 名古屋市北区清水2-15-20 地図
創建年 伝697-707年(飛鳥時代後期)/1226年(鎌倉時代前期)
社格等 村社・十一等級
祭神

天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)
天穂日尊(あめのほひのみこと)
天津彦根尊(あまつひこねのみこと)
活津彦根尊(いくつひこねのみこと)
熊野櫲樟日命(くまのくすひのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)
市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

武甕槌命(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのみこと)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比売神(ひめがみ)

 アクセス

・名鉄瀬戸線「清水駅」から徒歩約5分。
・駐車場 あり(無料)

webサイト  
オススメ度

 名古屋城築城に際して移された神社がいくつかあって、八王子神社もその中のひとつだ。
 のちに春日神社と合併して八王子神社春日神社という長い名前になった。合併した銀行みたいだ。
 ここに至るまでの変遷が少しややこしいので順を追って説明した方がよさそうだ。
 名古屋城築城以前、のちに三の丸となるあたりに天王社(亀尾天王社)、若宮八幡社、八王子社があった。当時はまだ那古野庄今市場と呼ばれていた。現在、能楽堂のある東、名古屋農林総合庁舎や水資源機構中部支社があるあたりだ(地図)。
 ただ、創建された順番に違いがある。
 まず最初に建てられたのが若宮八幡社と八王子社だったとされている。文武天皇時代というから697-707年、飛鳥時代の終わりだ。
 若宮八幡に関しては、どういう勢力がどんな神を祀るために創建したのか詳しいことは伝わっていない。『延喜式神名帳』の孫若御子神社(ひこわかみこじんじゃ)は若宮八幡社のことではないかという説がある。もし本当にそうだとすると熱田神宮関連の神社をいろいろ考え直さなければいけなくなるのだけど、ここではいったん保留する。
 しかし、何故若宮八幡と八王子社を同時に建てる必要があったのかが分からない。本当に同時創建だったのだろうか。
 天王社は平安時代中期の911年(延喜11年)、醍醐天皇の勅命によって創建されたとしている。
 都では菅原道真怨霊問題や、天災、飢饉、疫病などが続発している時期で、各地でそれを鎮めるための神社が建てられたのだろうと想像する。神仏習合の時代だから、祀られたのは牛頭天王だ。スサノオになるのは明治の神仏分離令以降のことなので、そこは明確に区別しておく必要がある。

 この流れを踏まえた上で祭神について考えてみる。
 まず、若宮八幡社は式内・孫若御子神社ではないのかということがやはり問題となる。700年前後に創建されたというなら、神名帳に載る資格は充分にある。そのすぐ隣に醍醐天皇が命じて天王社を建てたというなら、由緒と格式がある神社だったに違いない。911年といえば、延喜式が編さんされている最中だ。927年の完成までにまだ間がある。逆に言えば、700年頃の創建で式内社でないことの方が不自然だ。場所的に考えても名前からしても孫若御子神社しか候補になる神社がない。
  若宮にしても、孫若御子にしても、天皇の皇子が祭神と考えるのが自然だろう。応神天皇だとか、雅武彦王だとか、いくつかの説があってはっきりしない。
 八王子神社に関して言えば、五男三女神なのか牛頭天王の8人の皇子なのかが問題となる。
 五男三女神はアマテラスとスサノオの誓約(うけい)から生まれたとされる神であり、牛頭天王と頗梨采女(はりさいじょ)との間には太歳神、大将軍、太陰神、歳刑神、歳破神、歳殺神、黄幡神、豹尾神の8人の子供がいるとされる。
 牛頭天王を祀る天王社と一緒にあったというのであれば、牛頭天王の8人の子供、八王子神を祀っていたと考えた方が正しいように思うのだけど、そうとも言い切れない。年代的に合わないのがその理由だ。
 八王子の神を東京八王子の深沢山に初めて祀ったのは華厳菩薩妙行で、916年とされている。華厳菩薩妙行が八王子の深沢山で修行中に牛頭天王と八王子が現れたとする。
 となれば、八王子社の創建が700年頃とすると祭神は八王子神ではなく五男三女神ということになるだろう。江戸時代後期に出版された『尾張名所図会』の中でも「五男三女神を祭る事、諸国八王子の例に同じ」とあることからして、明治以前から八王子神という認識ではなかったようだ。
 そうなるとまた最初の問いに戻って、若宮八幡はどんな神を祀る神社として創建されたのか、ということになる。若宮と八王子社との関係はどういうものだったのか。
 あるいは、まず若宮が建てられ、天王社が横付けして、更にその後に八王子神を祀る八王子社が建てられたとすれば、流れとしては一番自然だと思うのだけどどうだろう。

 時代が進んで1610年。那古野庄にあらたに名古屋城が建てられることになった。天王社、若宮八幡、八王子社はちょっと邪魔ということで外に出されることになった。
 ただ、ご神託を聞くための占いをしたところ、若宮八幡は南へ、八王子社は北東の志水(清水)に移すことが決まったのだけど、天王社だけは何度くじを引いても移してはいけないと出たため、そのまま三の丸に取り込む格好で残すことになった。
 天王社を城内の守護、若宮八幡を城下の人々の守護、八王子社を城の東北の守護とした。
 名古屋城築城後、天王社の隣に東照宮を建てることになり、明治に入って天王社と東照宮は城外に出され、天王社は那古野神社と名前を変えた。
 八王子神社は今でこそ目立たない神社になっているけど、古くは子供の守り神として大いに崇敬されたと伝わっている。江戸時代に行われた祭礼も大変な賑わいだったようだ。
 少し気になったのは、『尾張名所図会』の中で描かれた「亀尾天王社」の項だ。亀尾天王社の摂社として、本社の右に八王子社、左に兵主社(ひょうすのやしろ)があり、「寛永6年(1929年)に源敬公(げんけいこう/尾張初代藩主・義直のこと)新に御造営なり」とある点だ。
『尾張志』にも「八王子社と、兵主社は、源敬公御建立にて、寛永6年あらたに祠を建つ」と書かれている。
 名古屋城築城のとき外に出された八王子社を、城内に残った天王社の本社脇に再び勧請しているということは、やはり元の八王子社は若宮に付属するものではなく天王社に属する社だったのではないか。そうなると、本来祀られていたのも八王子神ということになる。
 兵主社というのはよく分からない。

 明治5年(1872年)、村社に列格。
 明治13年(1880年)、明治天皇が名古屋に巡幸したとき、この神社で休憩した。記念の石碑が残る。
 昭和20年(1945年)、空襲で社殿を焼失。
 昭和32年(1957年)、社殿復興遷座。
 昭和46年(1971年)、春日神社を八王子神社本殿西に移築して両社を合併。名称を八王子神社春日神社に改めた。
 この春日神社の創建は1226年(嘉禄2年)と伝わる。創建のいきさつは不明で、移される前はどこにあったのか調べがつかなかった(昭和46年のことだから当然記録は残っているはずなので分かり次第追記する)。
 平成17年(2005年)、社殿老朽化により改築造営。

 さして重要な神社ではないと思っていたのだけど、若宮八幡の謎を解くための重要な手がかりになる神社かもしれないと思い直した。
 熱田神宮関連とあわせて更に考察を進める必要がある。

ブログ記事(現身日和【うつせみびより】)

 

HOME 北区

スポンサーリンク
Scroll Up