オオウス《大碓命》

オオウス《大碓命》

『古事記』表記 大碓命
『日本書紀』表記 大碓皇子、大碓命
別名  
祭神名 大碓命・他
系譜 (父)第12代景行天皇
(母)播磨稲日大郎姫(針間之伊那毘能大郎女)/稻日稚郎姫(『日本書紀』)
(兄)櫛角別王(『古事記』)
(弟)小碓尊/日本武尊、倭根子命、神櫛王
(妃)兄比売、弟比売
(子)押黒之兄日子王(オシグロノエヒコノミコ)、押黒弟日子王(オシグロノオトヒコ)
属性 景行天皇の子
後裔 猿投神社(愛知県豊田市)
祀られている神社(全国) 建部大社(滋賀県大津市/web)、大鳥大社(大阪府堺市/web)など
祀られている神社(名古屋)
なし
『古事記』では大碓命、『日本書紀』では大碓皇子、もしくは大碓命と表記される。
 記紀ともに第12代景行天皇の子で倭建命/日本武尊(ヤマトタケル)の同母兄弟という点では一致しているのだけど、『日本書紀』は双子とし、『古事記』では兄弟の構成が違っている。
『日本書紀』は景行天皇皇后の播磨稲日大郎姫(ハリマノイナビノオオイラツメ)、別名・稻日稚郎姫(イナビノワキイラツメ)との間に第一子・大碓皇子(オオウス)、第二子・小碓尊(オウス)が生まれとし、ある書によるとという形で第三子の稚倭根子皇子(ワカヤマトネコ)がいたと書いている。
 それに対して『古事記』は、吉備臣らの祖の若建吉備津日子(ワカタケキビツヒコ)の娘の針間之伊那毘能大郎女との間に、櫛角別王(クシツヌワケ)、次に大碓命(オオウス)、次に小碓命(オウス)、次に倭根子命(ヤマトネコ)、次に神櫛王(カムクシ)の5人が生まれたとしている。
 記紀ともに景行天皇には80人の子供がいたといい、そのうち、倭建命/日本武尊(ヤマトタケル)、若帯日子命/稚足彦天皇(ワカタラシヒコ)、五百木之入日子命/五百城入彦皇子(イオキノイリヒコ)の三王子は太子だったといっている。天皇位を継げる皇太子として3人だけが特別扱いされていたということだ。
 このうち、ワカタラシヒコが第13代成務天皇として即位し、イオキイリヒコは即位していない。
 オオウス/オウスの名前の由来について『日本書紀』は、同じ胞から同じ日に生まれたことを景行天皇はいぶかしがって臼に向かって叫んだので碓(ウス)という名を付けたと書いている。
 臼と出産には何らかの関係があったのだろうけど、当時双子は不吉なものと考えられていたのかもしれない。
 オオウス・オウスが生まれたのは『日本書紀』によると景行天皇即位2年で、その2年後の即位4年におかしなことが書かれている。
 美濃国造の神骨(カムボネ)という人の姉妹に兄遠子(エトオコ)、弟遠子(オトトオコ)という美人がいるという話を聞いた景行天皇はその姿を見てみたいと思い、大碓命(オオウス)を自分の代わりに送ったら報告もしなかったため、天皇は恨んだというのだ。
 しかし、2才やそこらそんな役割を果たせるはずもなく、これは何らかを暗示していると考えるべきだろう。
 同じような記述が『古事記』にもあり、そこでは三野国造の祖の大根王(オオネノミコ)の娘の兄比売・弟比売(エヒメ・オトヒメ)となっているのだけど、使いに出されたオオウスはその美人姉妹を気に入って自分のものとしてしまい、代わりの姉妹を天皇に送ったという。
 しかし、景行天皇は別人だと知り、妃とすることなく悩んだと書く。
 オオウスは兄比売との間に押黒之兄日子王(オシグロノエヒコノミコ)を、弟比売との間に押黒弟日子王(オシグロノオトヒコ)をもうけ、それぞれ三野之宇泥須和気(ミノノウネスワケ)の祖と牟宜都君(ムゲツノキミ)らの祖になったといっている。
 守君(モリノキミ)、大田君(オホタノキミ)、島田君(シマダノキミ)の祖先ともする。
『古事記』はこの後、オウスによるオオウス惨殺について書いている。
 景行天皇があるときオウスに対して、おまえの兄は朝夕の食事に出てこないけどどうなっているのか、おまえが行って諭してこいと言った。それから5日経ってもオオウスは食事に出てこないので、天皇はオウスにどうなったのかと訊ねたところ、ねんごろに諭しておきましたと答えた。厠に入ったときに待ち伏せして捕まえて打ちのめして手足をちぎって薦にくるんで投げ捨ててやりましたと。
『古事記』ではそういう展開になっているので、この後、オオウスは登場しないのだけど、『日本書紀』はオウスがオオウスを殺したという話がないので、景行天皇即位40年のところで再び名が出てくる。
 東の方で賊が騒がしいから退治するために誰を派遣したらいいかと天皇が群臣に問うたところ、誰も何も言わないのでヤマトタケル(オウス)が自分は西征を終えて疲れているので、兄のオオウスにやらせてはどうでしょうと提案した。
 それを聞いたオオウスは怖じ気づいて草の中に逃げ込んだ。天皇は使者をやってオオウスを呼びつけ、まだ何もしてないのにそんなにおびえるとは何事かと言い、無理にやることはないと、美濃国に封じることにしたという。
 オオウスは身毛津君(ムゲツキミ)と守君(モリノキミ)の始祖となったと書いている。 
『新撰姓氏録』には、左京皇別の牟義公・守公、河内国皇別の大田宿禰・守公・阿礼首、和泉国皇別の池田首が載っている。
 美濃国に封じられたはずのオオウスなのだけど、美濃地方にオオウスの痕跡はほとんど見られない。何故か、三河国三宮の猿投神社(さなげじんじゃ)の祭神として祀られている。
 社伝によると、オオウスは美濃に封じられた後、この地に移ってきて開拓をし、猿投山で毒蛇に噛まれて亡くなったという。それが景行天皇52年で42才のときという(このあたりの年代は矛盾が多いのであまり問題にしない方がよさそうだ)。
 猿投神社は愛知県瀬戸市と豊田市にまたがる猿投山(629メートル)の麓にあり、猿投山の名の由来には景行天皇が関わっている。
 天皇が伊勢国へ赴いたとき、かわいがっていた猿が不吉なことを言ったため海に投げ捨てたところ、猿は泳いで陸に渡り、鷲取山に逃げ込んだことから猿投山と呼ばれるようになったというのだ。
 この話には後日談がくっついていて、ヤマトタケルの東征の際に三河国から従った者がいて、活躍して功績を挙げたのだけど、後から聞くとその者の正体は例の猿だったという。
 猿投神社というと、養老元年古地図と称される尾張国が水浸しになっている古地図が出てきた神社として知られている。養老元年は奈良時代初期の717年で、古地図は偽物ともされているのだけど、温暖化による縄文海進で海面が10メートル上がったときのシミュレーション地図を見ると古地図は何らかの伝承を元に描かれた可能性があると言わざるを得ない。
 その古地図では瀬戸の奥深くまで入り海になっていて、猿投山の近くまで海岸線が来ていた可能性を示唆している。すぐ西に広がる海上の森(かいしょのもり)は海上に浮かぶ森のように見えたことからそう呼ばれるようになったという話とも一致する。
 現状の海上の森は低いところでも標高100メートル以上あるから縄文海進程度で海辺になることは考えられないのだけど、数万年の間に隆起したとも考えられるので、あながちでたらめとは言えない。
 猿投山の北には尾張・三河・美濃にまたがる三国山(701メートル)があり、それを越えた向こうは美濃国だから、オオウスが美濃国に封じられたという話もまったくの作り話ではないのだろう。美濃国を丹念に探せばオオウスにまつわる伝承が何か残っているかもしれない。
 それにしてもオオウスの存在というのは何かを秘めているように感じられる。オウスに殺されたかどうかはともかく、景行天皇と上手くいかなかったことが記紀の記述につながったのだろうか。
 猿と臼といえば、「さるかに合戦」を思い起こさせる。蟹をだました猿は子蟹たちに復讐され最後に臼に潰されて死んでしまう。オオウスは猿なのか臼なのか。
 オオウスの墓は猿投神社内にある大碓命墓とされている。宮内省が治定していることからしても、やはり単なる伝承というだけではなさそうだ。

ホーム 神様事典