サルタヒコ《猿田彦命》

2019年12月28日

サルタヒコ《猿田彦命》

『古事記』表記 猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神
『日本書紀』表記 猿田彦命
別名  
祭神名 猿田彦命・他
系譜 (妻)天宇受売命(アメノウズメ)
属性  
後裔 大田命、宇治土公(うじのつちぎみ)
祀られている神社(全国) 椿大神社(三重県鈴鹿市)、二見興玉神社(三重県伊勢市)、猿田彦神社(三重県伊勢市)、阿射加神社(三重県松阪市)、白鬚神社(滋賀県高島市)
祀られている神社(名古屋) 千代ヶ丘椿神社(千種区)、稲荷社(十一屋)(港区)、稲荷社(辰巳町)(港区)、社宮司社(須賀町)(熱田区)、櫻田神社(熱田区)、日出神社(大須)(中区)、豊藤稲荷神社(緑区)、大井神社(北区)、稲荷神社(古渡稲荷神社)(中区)猪子石神社・大石神社(名東区)
 邇邇芸命(ニニギ)が天孫降臨する際に天の八衢(やちまた)に立って高天原から葦原中国までを照らす神がいた。天照大御神(アマテラス)と高木神(タカギノカミ)は天宇受売命(アメノウズメ)に何者か尋ねるように命じ、サルタヒコは自分は猿田彦大神でニニギ一行をお迎えしようと待っていたと答えた。
『日本書紀』一書(第一)は、鼻の長さは七握、背の長さは七尺で、まさに七尋、口の端は明るく光り、目は八咫鏡のように照り輝いているのは赤酸漿(あかほおずき)のようだと書いている。
 ニニギ一行を高千穂の峰まで送り届けたというのは記紀で共通しているものの、その後の展開が違っている。
『日本書紀』はサルタヒコが希望して伊勢の狭長田の五十鈴川の上流までアメノウズメに送ってもらったとし、皇孫(ニニギ)がこのいきさつからアメノウズメに猿女君(さるめのきみ)の姓名を付けたとする。この後サルタヒコがどうなったかは書かれていない。
 それに対して『古事記』は、ニニギがアメノウズメに猿女君と名づけたエピソードを紹介するだけで五十鈴川に帰ったという話はない。しかし、サルタヒコは阿耶訶(あざか)で漁をしていて比良夫貝(ひらふがい)に手を挟まれて海で溺れたといっている。ただ、ここで溺れ死んだのかどうかははっきりしない。アメノウズメはサルタヒコを送って笠沙の岬に帰ってくると魚たちを集めておまえたちは天つ神の御子に仕えるかと尋ねた云々と話は展開する。
『古事記』と『日本書紀』では話の整合性が取れていないので、記紀の話をまとめてひとつのストーリーとして理解するのは危険だ。
 溺れた地とされる三重県松阪市の阿射加神社や三重県鈴鹿市の椿大神社(web)、三重県伊勢市の猿田彦神社(web)、三重県伊勢市の二見興玉神社などで祀られる他、滋賀県高島市の白髭神社(web)をはじめとする白髭神社系の祭神ともなっている。
 中世以降は猿と申のサルつながりで庚申信仰と結びつき、導きの神ということで道祖神と習合したり、新宗教の信仰対象となったりもした。
 名古屋でサルタヒコを主祭神として祀っているところとしては、北区の猿田彦社(六が池町)や中区齋宮社(中須)、熱田区の瑞光宮があるものの、古くからサルタヒコを祀るとしていたところはほとんどないのではないかと思う。
 椿大神社の名古屋分社とされる千代ヶ丘椿神社ではアメノウズメとともに祀っている他、港区の稲荷社(十一屋)、港区の稲荷社(辰巳町)、熱田区の社宮司社(須賀町)、熱田区の櫻田神社、中区の日出神社(大須)、緑区の豊藤稲荷神社、北区の大井神社、中区の稲荷神社(古渡稲荷神社)で祭神に名を連ねている。
 猪子石村(いのこしむら)の名前の由来となったとされる牡石(猪子石神社)と牝石(大石神社)のうち、牡石でサルタヒコを、牡石でアメノウズメを祀るという話もある(猪子石神社・大石神社)。

ホーム 神様事典