オオクニヌシ《大国主神》

2019年12月28日

オオクニヌシ《大国主神》

『古事記』表記 大国主神
『日本書紀』表記 天照大神
別名 大穴牟遅神・葦原色許男神・八千矛神・宇都志国玉神(以上『古事記』)、大物主神・大己貴神・葦原醜男・八千戈神・大国玉神・顕国玉神(以上『古事記』)、於褒婀娜武智・大穴持命・大汝命・大名持神・国作大己貴命・葦原色許男・伊和大神・所造天下大神・幽世大神・杵築大神・他
祭神名 大国主命・他
系譜 (父)素戔鳴尊(別説あり) (母)奇稲田姫(別説あり) (后)須勢理毘売命 (妃)多紀理毘売命、神屋楯比売命、八上比売、沼河比売、鳥取神 (子)阿遅鉏高日子根神(味耜高彦根神)、下照比売(下照姫命)、事代主神、建御名方神、木俣神、高照光姫大神命、鳥鳴海神、他
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 出雲大社(島根県出雲市)、一宮祖霊社(島根県大田市)、大洗磯前神社(茨城県大洗町)、氷川神社(埼玉県さいたま市)、日光二荒山神社(栃木県日光市)、気多大社(石川県羽咋市)、飛騨一宮水無神社(岐阜県高山市)、日吉大社西本宮(滋賀県大津市坂本)、建部大社(滋賀県大津市)、砥鹿神社(愛知県豊川市)、出雲大神宮(京都府亀岡市)、大神神社(奈良県桜井市)、金刀比羅宮(香川県仲多度郡)、など
祀られている神社(名古屋) 日吉神社(上社)(名東区)、三輪社(榎津)(中川区)、白山神社(小幡)(守山区)、金刀比羅社(菊井)(西区)、金刀比羅社(円頓寺)(西区)、金刀比羅神社(泉)(東区)など

 大いなる国主という名前からしても、多くの神の総称と考えられる。別名が多く、系譜もはっきりしない。
『出雲国風土記』では記紀とは違う性格の神として書かれている。
『日本書紀』本文には素戔嗚尊の息子とあり、一書や『古事記』では須佐之男命の六世の孫とする。別の一書では七世の孫とも書く。
『古事記』がいう五世の天之冬衣神(あめのふゆきぬのかみ)と『日本書紀』の天之葺根神(あめのふきねのかみ)が同一かどうかも不明。
 別名に大穴牟遅神、大己貴命、大穴持命、大名持神、八千矛神、葦原色許男などがあり、大国魂神を同一神とする説もある。
 后は須勢理毘売命で、妃として多紀理毘売命、神屋楯比売命、八上比売、沼河比売などがいたとされる。
 若い頃は兄たちにいじめられて何度か危機を脱し、少彦名命(スクナヒコナ)とともに国作りをした後、天孫に国を譲ったというのが記紀で語られる話だ。
 出雲大社の他、多くの神社において様々な名前で祀られる。
 愛知県では三河国一宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)が大己貴命を祭神としている。

ホーム 神様事典