オオモノヌシ《大物主神》

オオモノヌシ《大物主神》

『古事記』表記 御諸山上坐神、美和之大物主神
『日本書紀』表記 大物主神、大己貴神
別名 大国主の和魂とも、八戸挂須御諸命、大物主葦原志許、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命
祭神名 大物主神・他
系譜  
属性 三輪山の神、酒
後裔  
祀られている神社(全国) 大神神社(奈良県桜井市/web)、金刀比羅宮(香川県仲多度郡/web
祀られている神社(名古屋) 三輪社(榎津)(中川区)、三輪神社(大須)(中区)、金刀比羅神社(泉)(東区)、金刀比羅社(白鳥)(熱田区)、金刀比羅社(西宮神社)(中川区)、金刀比羅社(菊井)(西区)、痔塚神社(名東区)、国玉神社・八劔社合殿(中川区)

『古事記』では御諸山上坐神(みもろのやまのうえにますかみ)、美和之大物主神(みわのおおものぬしのかみ)、『日本書紀』は大己貴神の別名であり、和魂(にきみたま)でもあるとしている。
『古語拾遺』も大己貴神の別名のひとつとして大物主神を挙げる。
『播磨国風土記』は八戸挂須御諸命(やとかけすみもろ)、大物主葦原志許(おおものぬしあしはらのしこ)としている。
 その他、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命(やまとおおものぬしくしみかたま)などとも表記される。

『古事記』は、大国主神(オオクニヌシ)とともに国造りを行っていた少名毘古那神(スクナヒコナ)が常世の国へ去ってしまい、この先どうしたらいいのか途方に暮れていると、海の向こうから光り輝く神がやってきて、自分を丁寧に扱えば一緒に国作りをしよう。そうでなければ国作りは難しいだろうと言い、ではどうしたらいいでしょうとオオクニヌシが訊ねると、自分を倭の青垣の東の山の上に奉ればいいというのでそうしたという。
 これが今の御諸山の上に坐す神だとしている。御諸山は三輪山のことだ。
『古事記』はここでは神の名前について触れておらず、大物主とも書いていない。
『日本書紀』は第八段(スサノオのヤマタノオロチ退治の話)の一書第六でこのことを書いている。
 そこでは大国主神(オオクニヌシ)の別名として大物主神(オオモノヌシ)、国作大己貴命(クニツクリシオオナムチノミコト)、葦原醜男(アシハラシコオ)、八千戈神(ヤチホコ)、大国玉神(オオクニタマ)、顯国玉神(ウツシクニタマ)の名を挙げ、大物主を大国主の別名といっている。
 少彦名命(スクナヒコナ)は熊野の御崎、もしくは淡嶋(あわのしま)から常世の国へ行ってしまい、ひとりでどうしたらいいのかと思っている大己貴神(オオナムチ)のところに海の向こうから光り輝く神がやってくるという同じ展開を見せる。
 ただし違うのは、その神はオオナムチに対して自分はお前の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)と言っている点だ。
 その神にどこに住みたいか訊ねたところ、日本国(やまとのくに)の三諸山がいいというので宮殿を作って祀ったといい、これが大三輪の神だと書いている。
 現在、奈良県桜井市にある大神神社(web)は、大国主が自らの和魂を大物主神として三諸山に祀ったのが始まりといっている。古くは美和乃御諸宮や大神大物主神社といっていた。中世以降は三輪明神と呼ばれ、大神神社と改称したのは明治になってからだ。
『日本書紀』は、この神の子が甘茂君(かものきみ)、大三輪君(おおみわのきみ)、姫蹈鞴五十鈴姫命(ヒメタタライスズヒメ)とし、その後、少し不思議なことをいっている。
 又曰として、事代主神(コトシロヌシ)が八尋熊鰐(ヤヒロノクマワニ)となって、三嶋の溝湟姫(ミゾクイヒメ)またの名を玉櫛姫(タマクシヒメ)のところに通ってできた子が姫蹈鞴五十鈴姫命という。
 どうしてここで唐突に大国主の子の事代主が出てくるのか、八尋熊鰐とは何を示しているのかがよく分からないのだけど、オオナムチ(大国主)の子が姫蹈鞴五十鈴姫命で、コトシロヌシの子が姫蹈鞴五十鈴姫命というなら、オオナムチとコトシロヌシは同一ということになる。
 この姫蹈鞴五十鈴姫命は後に神日本磐余彦火火出見天皇(カムヤマトイワレヒコホホデミノスメラミコト/初代神武天皇)の后となったとされている。
 大国主=大物主ではなく、大物主=事代主で、大国主と大物主は親子関係と考えると辻褄が合うか。
 大物主の「大」は偉大なという意味で、「物」は鬼とか神とか霊と解すると、個人名というよりは愛称、呼び名、通り名といった方が近いのかもしれない。

 大物主の婚姻に関してふたつの伝承がある。ひとつは『古事記』にある勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ)との話で、もうひとつは箸墓古墳にまつわる倭迹迹日百襲姫(ヤマトトトヒモモソヒメ)の伝承だ。
 三嶋湟咋(ミシマノミゾクイ)の女(むすめ)の勢夜陀多良比売を見初めた大物主は、赤い丹塗りの矢に姿を変えて川上で待ち構え、用を足しに来た勢夜陀多良比売のところに流れていってホト(女陰)を突いた。勢夜陀多良比売は驚きながらも矢を部屋に持ち帰ると大物主が元の姿に戻り、二人は結ばれ、富登多多良伊須須岐比売命(ホトタタライススキヒメ)が生まれたというのが『古事記』の話だ。
『日本書紀』がいう姫蹈鞴五十鈴姫命と『古事記』の富登多多良伊須須岐比売命は同一とされるので、この姫が初代神武天皇の后となったということだ。
 倭迹迹日百襲媛は第7代孝霊天皇の皇女で、『日本書紀』の第10代崇神天皇のところで出てくる。
 崇神天皇5年から疫病が流行って多くの民が死亡してしまい、崇神天皇は自分が到らないせいだと思い悩み、その原因を突き止めようと神淺茅原(かむあさじはら)に出向いて神意を占ったところ、倭迹迹日百襲媛命に大物主が神憑りして伝えるには、自分を祀れば国は平穏になるだろうというので崇神天皇はその通りにするもいっこうに事態は好転しない。
 夢でいいからどうしたらいいか教えてくださいと願ったところ、夢に大物主が現れ、わが子の大田々根子(オオタタネコ)に自分を祀らせれば国は平穏になるし、外国も従うだろうと告げた。
 同じ夢を他に3人も見たということで大田々根子を探したら和泉国の陶邑(すえむら)で見つかったので祀らせたら事が収まったという。
『古事記』では意富多々泥古(オオタタネコ)が見つかったのは河内の美努村となっているものの、話としては同じだ。
 三輪山の神である大物主と倭迹迹日百襲媛が婚姻したのはこの話の後のことという設定なのだけど、一体、倭迹迹日百襲媛命そのとき何歳なんだと思ってしまう。父の孝霊天皇は第7代で、崇神天皇は第10代だから、本来であれば時代が違っている。
 それはともかくとして、大物主は倭迹迹日百襲媛のところに夜しかやってこないため不審に思い、朝までいてほしいと頼んだところ、分かった、それでは櫛笥(櫛を入れる箱)に入っているから驚いてはいけないと言って帰らず残った。翌朝、倭迹迹日百襲媛がその箱を開けてみると美しい小蛇(こおろち)が入っていたので驚き叫ぶと、大物主は恥ずかしく思って人の姿になって御諸山に帰ってしまった。
 倭迹迹日百襲媛は悔いて座り込んだところ、箸が陰(ほと)を突いて亡くなってしまう。それで大市に葬ったと『日本書紀』はいう。同じ話は『古事記』にはない。
 この大市の墓が今の箸墓古墳(はしはかこふん)で、昼は人が作り、夜は神が作ったと『日本書紀』は奇妙なことを書いている。

 大物主は酒の神ともされる。
『日本書紀』にこんな歌が載せられている。
「この神酒は我が神酒ならず 倭成す 大物主の 醸みし神酒 幾久 幾久」
 これは活日(イクヒ)が神酒(ミワ)を捧げて天皇に献上したときに歌ったものとされる。
 造り酒屋の軒先に吊されている杉玉も大神神社が起源という。
 大物主を祀るとしている神社は、大神神社系統の三輪神社や美和神社だ。
 大物主=大国主=大己貴というのであれば、祀っている神社は多い。
 奈良県天理市の大和神社(web)祭神の日本大国魂大神も大物主という説がある。
 明治の神仏分離令以降を受けて大物主を祭神としたのが香川県仲多度郡の金刀比羅宮(web)だ。
 名古屋には中川区の三輪社(榎津)と中区の三輪神社(大須)が大神神社系の神社で、この二社は大物主命を祀っている。
 東区の金刀比羅神社(泉)、熱田区の金刀比羅社(白鳥)、中川区の金刀比羅社(西宮神社)、西区の金刀比羅社(菊井)といった金比羅系神社でも大物主を祭神とする。
 名東区の痔塚神社、中川区の国玉神社・八劔社合殿でも大物主命を祀る。

ホーム 神様事典