アメノミナカヌシ《天之御中主神》

2019年12月28日

アメノミナカヌシ《天之御中主神》

『古事記』表記 天之御中主神
『日本書紀』表記 天御中主尊
別名 大日孁貴神(オオヒルメノムチ)・大日霊(オオヒルメ)・大日女(オオヒメ)・天照坐皇大御神(アマテラシマススメオオミカミ)
祭神名 天照大御神・他
系譜 造化三神(高御産巣日神・神産巣日神)
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 秩父神社(千葉県)・千葉神社(千葉県)・八代神社(熊本県)などの妙見信仰の神社、水天宮(福岡県)などの水天宮系の神社、彌久賀神社(島根県出雲市)、東京大神宮(東京都)、近代の神社
祀られている神社(名古屋) 参神社(中区)
『古事記』において天と地が初めて分かれたとき、高天原に最初に現れた神とする。続いて高御産巣日神・神産巣日神がそれぞれ独神で現れ、姿を隠したと書いている。
『日本書紀』では天地に初めて現れた神を国常立尊としている。
 天御中主神は一書第四で、最初に現れたのが国常立尊で、次に国狭槌尊が現れ、高天原にいるのが天御中主尊という異伝を伝えている。
 天御中主神・高御産巣日神・神産巣日神をあわせて造化三神ともいう。
 記紀に登場するのはこのときのみにもかかわらず、天の中の主という名前から宇宙の中心神とされ、信仰の対象となった。
 ただし、『延喜式』神名帳(927年)に天御中主を祭神とした神社は見当たらず、信仰対象となったのは中世の伊勢神道以降とも考えられている。
 北極星を神格化した妙見信仰と結びついたことから、妙見系の神社で祀られる他、水天宮系の神社が明治の神仏分離以降に祭神とした。新宗教の祭神となっている例もある。
 名古屋では天御中主を主祭神として祀っているところはなく、わずかに實行教の神社である中区の参神社のみが高皇産霊神、神皇産霊神とともに祀っているだけだ。

ホーム 神様事典