イザナミ《伊弉冉神》

2019年12月28日

イザナミ《伊弉冉神》

『古事記』表記 伊邪那美神
『日本書紀』表記 伊弉冉神
別名 伊耶那美・伊弉弥・黄泉津大神・道敷大神
祭神名 伊邪那岐命・他
系譜 (親)青橿城根尊(アヤカシキネ)(『日本書紀』一書)
(夫)伊弉諾神
(子)天照大神・月夜見命、素戔嗚尊・他多数
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 伊弉諾神宮(兵庫県淡路市 / web)、多賀大社(滋賀県犬上郡 / web)、比婆山久米神社(島根県安来市 / web)、花窟神社(三重県熊野市 / web
祀られている神社(名古屋) 熊野社(徳重)(緑区)、熊野社(大永寺)(守山区)、白山社(上堀越)(西区)、白山社(児玉)(西区)、多賀宮(円頓寺)(西区)、菅田神社(天白区)、島田神社(天白区)、八劔社(野並)(天白区)、熊野三社(呼続)(南区)、白山社(戸田)(中川区)、熊野社(権現通)(中村区)、白山神社(新栄)(中区)、白山神社(小幡)(守山区)、川島神社(守山区)、城山八幡宮(千種区)、六所社
 イザナギ(伊弉諾尊)の妹で妻。神代七代の最後にイザナギとともに生まれたとされる。
 火の神カグツチを産んだとき女陰に火傷を負って命を落とした。黄泉の国まで追いかけてきたイザナミと争いになり、一日に1,000人の人間を殺す! とイザナミが言えば、それならこちらは一日に1,500人の子供を産ませる! とイザナギが言い返し、離婚。以降、イザナミは黄泉の神となり、黄泉津大神、道敷大神と呼ばれるようになった。
 イザナミの墓所とされる伝説地は、比婆山(島根と鳥取の境)や熊野市有馬などいくつかある。
 多賀大社など、イザナギとペアで祀られているところが多いものの、比婆山久米神社(島根県安来市 / web)や花窟神社(三重県熊野市 / web)などではイザナミを主祭神として祀っている。
 夫婦和合や縁結びの神としてイザナギ・イザナミを祀っている神社も多いのだけど、最後はケンカ別れしていることを考えると少し複雑な気持ちになる。

ホーム 神様事典