スサノオ《素戔男尊》

2019年12月28日

スサノオ《素戔男尊》

『古事記』表記 建速須佐之男命(タケハヤスサノオ)・速須佐之男命・須佐之男命
『日本書紀』表記 素戔男尊・素戔嗚尊等・須佐乃袁尊
別名 神須佐能袁命(カムスサノオ)・須佐能乎命・他
祭神名 須佐之男命・素戔男尊・他
系譜 (父)伊弉諾神 (母)伊弉冉神 (妻)奇稲田姫(クシイナダヒメ)・神大市比売(カムオオイチヒメ) (子)清之湯山主三名狹漏彦八嶋篠(スガノユヤマヌシミナサルヒコヤシマノ)・大己貴神(オオナムチ)・他
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 素盞嗚神社(広島県福山市)、 八坂神社(京都府京都市)、津島神社(愛知県津島市)、氷川神社(埼玉県さいたま市)、久武神社(島根県出雲市)、 須佐神社(島根県出雲市)、八重垣神社(島根県松江市)
祀られている神社(名古屋) 白龍神社(名駅南)(中村区)、富部神社(南区)、八幡社(牛立)、須佐之男社、素盞嗚神社、津島社、天王社など多数
 死んだイザナミを追いかけて黄泉の国へ行ったイザナギは、変わり果てたイザナミを見て逃げだし、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊ぎをしたときに鼻をすすいで生まれたのがスサノオと『古事記』は書く。
『日本書紀』ではイザナギ(伊弉諾尊)とイザナミ(伊弉冉尊)との間にアマテラス(天照)、ツクヨミ(月読)、ヒルコ(蛯児)の次に生まれたとする。
 アマテラスは高天原を、ツクヨミは夜の世界を、スサノオは海原を治めるように命じられるも、母に会いたいと泣き叫ぶばかりで何もしなかったスサノオは追放されてしまう。
 根の国に向かう前に姉のアマテラスに会いにいくと、スサノオが攻めてきたと思ったアマテラスは武装して待ち構えていた。そこで疑いを晴らすために誓約(うけひ)を行い、神々が生まれた。
 これで許されたと調子に乗ったスサノオは高天原で暴れ回り、アマテラスは天岩戸に隠れ、世界は暗くなってしまった。スサノオは今度こそ本当に高天原を追放されてしまう。
 出雲の鳥髪山に降り立ったスサノオは櫛名田比売命と出会い、姫を救うためにヤマタノオロチを退治し、ふたりは結ばれる。
 そのとき歌ったとされる「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を」は日本最古の和歌ともいわれる。
 その後、スサノオとクシナダヒメは出雲の根之堅洲国にある須賀へ行き、そこにとどまったという。
 本来は天津神でありながら高天原を追放されたことで国津神とされる。大国主(オオクニヌシ)はスサノオの息子、または子孫とされる。
 最初からスサノオを祀るとして創建された神社は意外に少ない。中世になって仏教の牛頭天王と習合して天王社で祀られていたものが、明治の神仏分離令で牛頭天王を祀ることが禁じられたためスサノオに祭神が変更された例が多い。
 名古屋でスサノオを祀るとしているのは、明治以降に祭神変更された元・天王社が多い。津島神社、須佐之男社、八坂神社、素盞男社と称している大部分の神社がそうではないかと思う。
 ただ、江戸時代の『尾張志』などでスサノオを祀るとしている天王社がけっこうあることからすると、江戸時代の人の認識として天王社の祭神はスサノオというのがあったようだ。
 もともとの祭神がスサノオだった可能性がある古い神社としては、中区の洲嵜神社が挙げられる。他にもあるかもしれないけど、ここがそうだと指摘できる根拠を持っていない。
『尾張國内神名帳』にある「従一位 素戔鳥名神」は名前からしてスサノオを祀る神社だった可能性が高い。ただし、この神社は失われたか所在不明となっている。
 オススメ神社60選の中でスサノオを祭神としているところは、中村区の白龍神社(名駅南)、南区の富部神社、中川区の八幡社(牛立)など。
 泣き虫でワガママで暴れん坊、マザコンでヒーローで戦も強く、和歌もたしなむスサノオという神はとても人間的で魅力に溢れているけど、周りは迷惑するタイプだ。

ホーム 神様事典