オオトマベ《大苫邊尊》

オオトマベ《大苫邊尊》

『古事記』表記 大斗乃辨神(オオトノベ)
『日本書紀』表記 大苫邊尊
別名  
祭神名 大苫邊尊・他
系譜 (対)大戸之道尊/意富斗能地神(オオトノジ)
(兄)大苫彦尊(オオトマヒコ)(『先代旧事本紀』)
(妹)大苫姫尊(オオトマヒメ)(『先代旧事本紀』)
属性 神世七代
後裔  
祀られている神社(全国) 宅宮神社(徳島県徳島市)
祀られている神社(名古屋) 川島神社(守山区)
 記紀ともに神世七代(かみのよななよ)の一柱としている。
『日本書紀』によると、初めに国常立尊(クニノトコタチ)、国狹槌尊(クニノサツチノ)、豊斟渟尊(トヨクムヌ)の三柱が生まれ、それぞれ対となる神のいない男神といい(第一段本文)、続いて第二段本文・第三段本文で以下のような組み合わせで神が生まれたとする。
 泥土煮尊(ウヒジニ)・沙土煑尊(スヒジニ)
 大戸之道尊(オオトノジ)・大苫邊尊(オオトマベ)
 面足尊(オモタル)・惶根尊(カシコネ)
 伊弉諾尊(イザナギ)・伊弉冉尊(イザナミ)
 この八柱の神は男女の対になっていて、国常立尊から伊弉諾尊・伊弉冉尊までを神代七代と呼ぶといっている。
 オオトノジ・オオトマベについて、大戸之道尊(オオトノジ)は一説では大戸之邊(オオトノベ)といい、別名を大戸摩彦尊(オオトマヒコ)・大戸摩姫尊(オオトマヒメ)、またの別名を大富道尊(オオトミヂ)・大富邊尊(オオトミベ)いうと書いている。
『古事記』は、最初に高天原に現れたのは天之御中主神(アメノミナカヌシ)で、次に高御産巣日神(タカミムスビ)、次に神産巣日神(カミムスビ)が生まれ、これを造化三神と呼んでいる。
 それに続いて、国之常立神(クニノトコタチ)、次に豊雲野神(トヨクモノ)が生まれ、ここまでが独神で、その次から兄と妹の男女神が対で生まれたとする。
 その順番と組み合わせはこうなっている。
 宇比地迩神(ウヒジニ)・須比智迩神(スヒジニ)
 角杙神(ツノグヒ)・活杙神(イクグヒ)
 意富斗能地神(オオトノジ)・大斗乃辨神(オオトノベ)
 淤母陀流神(オモダル)・阿夜訶志古泥神(アヤカシコネ)
 伊邪那岐神(イザナギ)・伊邪那美神(イザナミ)
『古事記』と『日本書紀』を見比べると、おおむね共通しているものの、違っているところもある。
『日本書紀』(720年)は『古事記』(712年)より後に完成しているのに、『古事記』の内容を別伝(一書)という形でどうして紹介しなかったのだろう。
『日本書紀』第三段一書(第一)では、埿土煑尊・沙土煑尊、角樴尊・活樴尊、面足尊・惶根尊、伊弉諾尊・伊弉冉尊が生まれた書いており、意富斗能地神(オオトノジ)・大斗乃辨神(オオトノベ)が抜けている。
『先代旧事本紀』は兄を大苫彦尊(オオトマヒコ)、妹を大苫姫尊(オオトマヒメ)とする。
 クニノトコタチからイザナギ・イザナミまでの流れの中で、オオトノジ・オオトノベを男女の性器の象徴とする説がある。ヂ(地)とべ(弁)は男と女の意味を持つとされる。
 もしくは、「ト」を戸や門として門戸の男女神とする考え方もある。
 オオトマベを主祭神として祀っている神社は少なく、式内社とされる神社の中では、徳島県徳島市の宅宮神社と、愛知県名古屋市守山区の川島神社しかないようだ。
 その他、島根県出雲市の波須波神社が意富斗能知神・意富斗能邊神、宮城県宮城郡の染殿神社(web)が大戸辺命・大苫辺命という祭神名で祀っている。
 守山区の川島神社がどういう経緯で大苫辺命を祀るようになったのかはまったく分からない。
 熊野速玉大社(web)と熊野那智大社(web)の祭神の中に大戸道尊が入っていて、川島神社は江戸時代は熊野権現と呼ばれていたのでその関係かもしれないけど、熊野権現は男神の大戸道で、女神の大苫辺は入っていないからやはり別なのか。

ホーム 神様事典