トシガミ《年神》

トシガミ《年神》

『古事記』表記 大年神
『日本書紀』表記 なし
別名 歳神
祭神名 大年神・他
系譜 (父)須佐之男命
(母)神大市比売
(妃)香用比売、伊怒比売、天知迦流美豆比売
(子)御年神、大国御魂神、韓神、大山咋神、他
属性 来訪神、祖霊
後裔  
祀られている神社(全国) 葛木御歳神社(奈良県御所市/web)、飛騨一宮水無神社(岐阜県高山市/web
祀られている神社(名古屋) 斎穂社(守山区)、伊奴神社(西区)
 年神の他、大年神、歳神とも表記する。
『古事記』では須佐之男命(スサノオ)と神大市比売(カムオオイチヒメ)との間に生まれたのが大年神(オオトシ)としている。
 また、オオトシ(大年神)と香用比売(カグヨヒメ)との間に御年神(ミトシ/オトシ)がいて、孫に若年神(ワカトシ)がいるのでややこしい。その他にも多くの神の父とされる。
『古事記』にあるのは系譜のみで、『日本書紀』には登場しないと思う(該当箇所を見つけられていないだけかもしれない)。
 年末に大掃除をするのは、正月にこの年神さんを迎えるためだ。門松はトシガミのための目印で、鏡餅は供え物を意味する。年神は先祖霊とも考えられた。
 来訪神というだけでなく恵方神ともされ、毎年変わる年神のいる方角を恵方とした。
 他にも田の神や穀物の神とされることもある。
 岐阜県高山市の飛騨一宮水無神社(web)祭神の水無大神 は、御歳大神など14柱の総称としている。
 年神を祀る総本社は奈良県御所市の葛木御歳神社(web)とされる。
 名古屋では守山区の斎穂社が大年神と御年神を祀っており、西区の伊奴神社では大年神が祭神に名を連ねる。

ホーム 神様事典