スクナヒコナ《少彦名命》

2019年12月28日

スクナヒコナ《少彦名命》

『古事記』表記 少名毘古那神
『日本書紀』表記 少彦名命
別名 須久奈比古命(『出雲国風土記』)、小比古尼命(『播磨国風土記』)、須久那美迦微、少日子根
祭神名 少彦名命・他
系譜 (親)神産巣日神(カミムスビ/『古事記』)、高皇産霊神(タカミムスビ/『日本書紀』)、または天湯河桁命(アメノユカワタナ)
(妻)伊豆目比売命(イズノメヒメ/市杵嶋姫命)
(子)菅根彦命(スガネヒコ)
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 酒列磯前神社(茨城県ひたちなか市/web)、小祝神社(群馬県高崎市/web)、布多天神社(東京都調布市/web)、穴澤天神社(東京都稲城市)、飽波神社(静岡県藤枝市)、沙沙貴神社(滋賀県近江八幡市/web)、生根神社(大阪府大阪市/web)、淡嶋神社(和歌山県和歌山市/web)、少彦名神社(大阪府大阪市)、粟嶋神社(鳥取県米子市)、北海道神宮、浜宮天神社、堀川戎神社、大神神社、敢國神社、露天神社、神津神社、神田神社、服部天神宮、生根神社、安居神社
祀られている神社(名古屋) 武島天神社(西区)、玉根社(緑区)、油江天神社(中村区)、土江神社(中村区)、少彦名神社(丸の内)(中区)
 大国主神(オオクニヌシ)と協力して国作りをした小さな神というのは記紀で共通している。ただ、いくつか違いがある。
『古事記』はこう語る。オオクニヌシが出雲の美保の岬にいるとき、蘿藦(ががいも)の船に乗って鵝鳥(がちょう)の皮を剥いだ着物を着た神がやって来て名前を尋ねても答えない。神々の誰も知らないという。そのときヒキガエルが久延毘古(くえびこ)が知っているでしょうというので呼び出して訊いたところ、神産巣日神(カミムスビ)の子の少名毘古那神(スクナヒコナ)ですと答えた。カミムスビにそれを伝えると、間違いないといい、葦原色許男命(アシハラシコオ)と兄弟となって国作りをするよう命じた。
 その後、二神は協力して国作りをし、スクナヒコナは黄泉の国に行ってしまったという。
 それに対して『日本書紀』本文は、オオクニヌシをここでは大己貴命(オオナムチ)として、スクナヒコナを高皇産霊尊(タカミムスビ)の子といっている。これは大きな違いだ。
 オオナムチがいたのは出雲の五十狭々(いささ)の小浜で、スクナヒコナはヤマカガミで船を作り、ミソサザイの羽を衣にしていると書く。オオナムチはその神を掌に乗せてもてあそんでいると跳ねて頬をつついたといい、タカミムスビはイタズラ好きで教えに従わない子だといっている。
 病気治療の方法を定め、鳥獣や昆虫の災いを除くためのまじないの法を定めたとあることから、医療の神、酒の神などの性格を与えられることになる。
 オオナムチはスクナヒコナに、国作りは上手くいっただろうかと訊ねると、上手くいったところもあり、上手くいかなかったこともあるとスクナヒコナは答え、出雲の熊野の岬に行って常世に去ってしまったとする。あるいは、粟島に行って粟茎(あわがら)によじのぼって弾かれて常世郷に行ったとも書いている。
 記紀で食い違う部分が何かを表しているようだけど、その意味するところはよく分からない。
『出雲国風土記』や『播磨国風土記』、『万葉集』などにも登場する。
 茨城県ひたちなか市の酒列磯前神社(web)、群馬県高崎市の小祝神社(web)、東京都調布市の布多天神社(web)、東京都稲城市の穴澤天神社、静岡県藤枝市の飽波神社、滋賀県近江八幡市の沙沙貴神社(web)、大阪府大阪市の生根神社(web)、和歌山県和歌山市の淡嶋神社(web)など、『延喜式』神名帳(927年)に載る古社でスクナヒコナを主祭神として祀る神社がけっこうある。
 名古屋で式内社とされる神社でスクナヒコナを祀っているところはないものの、西区の武島天神社、緑区の玉根社、中村区の油江天神社、中村区の土江神社など、古社とおぼしき神社の祭神となっている。
 中区の少彦名神社(丸の内)は医薬品業界が共同で大正時代に建てた神社だ。

ホーム 神様事典