カグツチ《軻遇突智》

2019年12月28日

カグツチ《軻遇突智》

『古事記』表記 火之迦具土神
『日本書紀』表記 軻遇突智
別名 火之夜藝速男神(ヒノヤギハヤオ)・火之炫毘古神(ヒノカガビコ)・加具土命(『古事記』)、火産霊(『日本書紀』)
祭神名 迦具土命・他
系譜 (親)伊弉諾神(イザナギ)・伊弉冉神(イザナミ)
(斬られて血から生まれた神/『古事記』)石折神、 根折神、石筒之男神、甕速日神、樋速日神、建御雷之男神、闇淤加美神、闇御津羽神
(死体から生まれた神/『古事記』)正鹿山津見神、 淤縢山津見神、奥山津見神、闇山津見神志藝山津見神、羽山津見神、原山津見神、戸山津見神
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 秋葉山本宮秋葉神社をはじめとする全国の秋葉社、愛宕神社(京都府)をはじめとする全国の愛宕社、伊豆山神社、火産霊神社、豊麻神社、陶器神社
祀られている神社(名古屋) 秋葉神社多数、愛宕神社(北千種)(千種区)、羊神社(北区)
 伊邪那岐(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)との間に生まれた火の神で、イザナミはカグツチを産んだときに女陰に火傷を負って死んでしまい、怒ったイザナギによってカグツチは斬り殺されてしまう。殺されたカグツチの血や体から多くの神が生まれたと『古事記』は語る。
『日本書紀』一書第二は、火の神・軻遇突智(カグツチ)が生まれたときにイザナミは焼け焦げて死んでしまったと書き、ここではイザナギがカグツチを斬り殺したことには触れず、カグツチはイザナミが生んだ土の神・埴山姫(ハニヤマヒメ)をめとって稚産霊(ワクムスヒ)が生まれたとしている。このワクムスビから蚕と桑、五穀が生まれたという。
 一書第三は、カグツチではなく火産靈(ホムスビ)とし、イザナミは焼け死んで神ではなくなってしまったと書いている。
 一書第五では、イザナミは死んだ後、紀伊国熊野の有馬村に葬られたとする。
 イザナミが死んで怒ったイザナギがカグツチを斬り殺したという話は一書第六で語られるもので、この後イザナギはイザナミを求めて黄泉の国を訪ね、そこで仲違いして逃げ帰り、禊ぎをしたときに多くの神々とともに天照大神(アマテラス)・月讀尊(ツクヨミ)・素戔鳴尊(スサノオ)の三貴神が誕生したという話になる。
 一書第七はカグツチを斬り殺したときに雷・山・水の神が生まれたとし、一書第八は五段に斬られて山の神がうまれたとする。
 斬軻遇突智に命を付けて斬軻遇突智命としているのは一書第八のみで、他は命も尊も付けていない。そこには何らかの意図があったと見るべきだ。
 火が多くのものを生み出す象徴とされていたのは間違いないだろうけど、母を死なせ、父に殺された神を火の神として祀ることになった経緯についてはよく分からない。記紀の話からすると、当然怨霊化してもおかしくない神だから、それを鎮めるために祀ったのが始まりと考えるべきだろうか。
 静岡県浜松市の秋葉山本宮秋葉神社(web)をはじめとする全国の秋葉社や、京都府京都市の愛宕神社(web)を総本社とする愛宕社系の神として祀られている。
 名古屋には秋葉社がたくさんある一方、愛宕社は千種区の愛宕神社(北千種)一社しかない。ここでは祭神を火産神としている。社名を迦具土神社としているところも何社かある。
 その他、式内社とされる北区の羊神社がカグツチを主祭神として祀っている。

ホーム 神様事典