クニサツチ《国狭槌尊》

クニサツチ《国狭槌尊》

『古事記』表記 国之狭土神
『日本書紀』表記 国狭槌尊
別名 国狭立尊
祭神名 国狭槌尊・他
系譜 神代七代のうちの一柱
(父)大山津見神(『古事記』)
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 波切神社(三重県志摩市)、國狭槌神社(滋賀県高島市)
祀られている神社(名古屋) 八王子社(新栄)(中区)、片山神社(北区)

『日本書紀』の第一段本文で、天地開闢のとき、国常立尊(クニノトコタチ)に続いて国狹槌尊(クニノサツチ)、次に豊斟渟尊(トヨクムヌ)が化ったとし、いずれも独神で男神と書いている。
 第一段の一書(第一)は、国常立尊(別名を国底立尊)に次いで国狭槌尊、別名・国狭立尊(クニノサタチ)が生まれたと書く。
 第一段の一書(第二)では、最初に可美葦牙彦舅尊(ウマシアシカビヒコヂ)が生まれ、 次に国常立尊、次に国狹槌尊としている。
 第一段の一書(第四)は、天地が初めて別れて国常立尊が生まれ、次に国狹槌尊が生まれ、高天原に生まれた神が天御中主尊(アメノミナカヌシ)、次に高皇産靈尊(タカミムスビ)、次に神皇産靈尊(カミムスビ)とする。
『古事記』では天地開闢のときの造化三神を、天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神としている。国之常立神は神世七代の最初の神として登場し、国之狭土神(クニサツチ)は大山津見神(オオヤマヅミ)の子供とする。
 野の神・野椎神(ノヅチ)とともに山と野の神を生んだとしていて、その中で天之狭土神(アメノサヅチ)と国之狭土神(クニノサヅチ)を生んだと書いている。ここでいう国之狭土神と『日本書紀』の天地開闢のときの国狹槌尊は別と考えるべきか。
 狭槌は狭(せま)い槌(つち)としてしまうと意味が通らない。狭(さ)を稲霊のこととする考え方もあるけど、それにしてもよく分からない。
 神仏習合時代は蔵王権現と習合する考え方があったようで、現在の神社の祭神となっているのはその頃の名残だろうか。
 滋賀県高島市の國狭槌神社のように八王子権現からクニサツチを祀るようになった例もある。
 クニサツチを祭神の中に入れている神社はそれなりにあるのだけど、共通性はあまり感じられず、系統としてはよく分からない。
 名古屋では中区の八王子社(新栄)で主祭神として祀る他、北区の片山神社で祭神に名を連ねている。

ホーム 神様事典