ウガヤフキアエズ《彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊》

ウガヤフキアエズ《彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊》

『古事記』表記 天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命
『日本書紀』表記 彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊
別名  
祭神名 鸕鶿草葺不合尊・他
系譜 (父)彦火火出見尊
(母)豊玉姫
(妻)玉依姫
(子)彦五瀬命、稲飯命、三毛入野命、彦火火出見尊(神武天皇)
属性 地神五代の五代目、日向三代の三代目、神武天皇の父
後裔 神武天皇
祀られている神社(全国) 鵜戸神宮(宮崎県日南市/web)、宮崎神宮(宮崎県宮崎市/web)、知立神社(愛知県知立市/web
祀られている神社(名古屋) 池鯉鮒社(魁町)(港区)、知立社(小碓)(中川区)、波限神社(熱田区)、菅田神社(天白区)
 天孫降臨したニニギとコノハナサクヤヒメとの間に生まれた海幸彦(火闌降命)・山幸彦(彦火火出見尊)のうち、山幸彦の子に当たる。
 山幸彦こと彦火火出見尊(ヒコホホデミ)は、兄の海幸彦から借りた釣り針をなくして海の底まで探しに行き、そこで綿津見神(ワタツミ)の娘の豊玉姫(トヨタマヒメ)と出会い結ばれる。
『古事記』と『日本書紀』とではいくつかの違いがあるものの話の流れとしては共通していて、地上に戻ったヒコホホデミを追いかけてトヨタマヒメは浜辺までやってきて子供を産む。出産する姿を見ないようにというトヨタマヒメの言いつけを守らずヒコホホデミがのぞき見ると、トヨタマヒメは八尋熊鰐(ヤヒロワニ)になっていて驚き逃げ出す。姿を見られたと知ったトヨタマヒメは恥ずかしいといって海の国に帰ってしまった。
『日本書紀』は、産屋の屋根を鸕鶿(う)の羽で葺いてた途中で生まれてしまい、草(かや)につつまれて波瀲(なぎさ)に捨て置かれたので彦波瀲武鸕鶿草葺不合と名づけたと書いている。
 後にトヨタマヒメは妹の玉依姫(タマヨリヒメ)を養育係として送ってきて、ウガヤフキアエズはこのタマヨリヒメと結婚することになる。
 彦五瀬命(ヒコイツセ)、稲飯命(イナイ)、三毛入野命(ミケイリヌ)、火火出見尊(ヒコホホデミ)が生まれ、第四子のヒコホホデミが神日本磐余彦(カムヤマトイワレビコ)で、初代神武天皇となる。
 火火出見尊(ヒコホホデミ)は父と同名であり、狭野命、若御毛野命、豊御毛野命という別名を持つ。
『日本書紀』はウガヤフキアエズが没したのは西洲の宮(にしのくにのみや)と書き、鹿児島県鹿屋市の吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ)と治定されている。
 天孫降臨した瓊々杵尊(ニニギ)とそれに続く彦火火出見尊(ヒコホホデミ)、ウガヤフキアエズを日向三代と呼んでいる。
『上記(ウエツフミ)』、『武内文書』、『神伝上代天皇紀』などの古史古伝は神武天皇以前に鵜萱葺不合命(ウガヤフキアエズ)が開いた古代王朝があったと伝えている。それによると72代続いたともいう。
 宮崎県日南市の鵜戸神宮(web)は、トヨタマヒメがウガヤフキアエズを産むための産屋を作った場所とされ、日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)を主祭神として祀っている。
 宮崎県宮崎市の宮崎神宮(web)は、神日本磐余彦尊(カムヤマトイワレビコ)を主祭神として、父の鸕鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズ)と母の玉依姫命(タマヨリヒメ)を配祀している。
 愛知県では三河国二宮で式内社の知立神社(web)が鸕鶿草葺不合尊・彦火火出見尊・玉依比売命・神日本磐余彦尊の4柱を祀る。
 名古屋では港区の池鯉鮒社(魁町)、中川区の知立社(小碓)、熱田区の波限神社がウガヤフキアエズを主祭神として祀り、天白区の菅田神社で他の祭神とともに祀られている。

ホーム 神様事典