アメノホアカリ《天火明命》

アメノホアカリ《天火明命》

『古事記』表記 天火明命
『日本書紀』表記 火明命
別名 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(『先代旧事本紀』)
祭神名 天火明命・他
系譜 (父)天忍穂耳神(『古事記』)または瓊瓊杵尊(『日本書紀』)
(母)万幡豊秋津師比売命(『古事記』)または鹿葦津姫/木花之開耶姫(『日本書紀』)
(兄弟)火闌降命(ホノスソリ)、彦火火出見尊(ヒコホホデミ)
属性 天孫、尾張氏の祖
後裔 尾張氏・津守氏 ・ 海部氏、丹波氏
祀られている神社(全国) 籠神社(web)、真清田神社(愛知県一宮市/web
祀られている神社(名古屋) 尾張戸神社(守山区)、八劔神社(大森)(守山区)、孫若御子神社(熱田神宮内)(熱田区)
 尾張氏が祖神とする神。
 系図が様々で、ときに饒速日命(ニギハヤヒ)と同一とされたり混乱が見られる。
 それはおそらく、ホアカリはひとりではないということだろう。何人かの人間がホアカリを名乗った、または呼ばれた可能性が考えられる。
 記紀に書かれた内容を整理しておくと以下の通り。
『古事記』は、天忍穂耳神(アメノオシホミミ)が高木神(高皇産霊尊)の娘の万幡豊秋津師比売命(ヨロヅハタトヨアキツシヒメ)をめとめって生まれたのが天火明命(アメノホアカリ)で、次に日子番能邇邇芸命(ヒコホノニニギノミコト)が生まれたといっている。
 アメノオシホミミは天照大神(アマテラス)と須佐之男命(スサノオ)の誓約(うけい)で生まれた神で、ニニギは天孫降臨の神だから、アメノホアカリはアマテラスとスサノオの孫で、天孫の兄ということになる。
『日本書紀』第九段本文はまったく別のことを書いている。
 天降ったニニギは地上で鹿葦津姫(カシツヒメ)、またの名を神吾田津姫(カムアタツヒメ)、またの名を木花之開耶姫(コノハナサクヤヒメ)と出会い、コノハナサクヤヒメは一晩で身ごもるとニニギは自分の子ではないだろうと疑い、怒ったコノハナサクヤヒメは戸のない部屋にこもって火を付け、自分が無実なら子供は無事に生まれるだろうといい、三人の子を生んだ。最初が火闌降命(ホノスソリ)、次が彦火火出見尊(ヒコホホデミ)、次が火明命(ホノアカリ)で、ホアカリは尾張連の始祖としている。
 別伝では生まれる順番や兄弟の構成が違っている。
 一書第二は、最初が火酢芹命(ホノスセリ)、次が火明命、次が彦火火出見尊、またの名を火折尊(ホノオリ)とする。
 一書第三は、最初が火明命、次が火進命(ホノススミ)、またの名を火酢芹命(ホノスセリ)、次が火折彦火火出見尊(ホノオリヒコホホデミ)としている。
 一書第五では子供は四人といい、順番は火明命、火進命、火折尊、彦火火出見尊となっている。
 一書第六は、栲幡千千姫萬幡姫命(タクハタチヂヒメヨロズハタヒメ)を高皇産靈尊(タカミムスビ)の子の火之戸幡姫(ホノトハタヒメ)の子とする別伝を紹介し、その子は天火明命と天津彦根火瓊瓊杵根尊(アマツヒコネホノニニギ)としている。
 また、天火明命の子の天香山(アマノカグヤマ)は尾張連の遠い祖先と書く。
 一書第七は、萬幡姫(ヨロズハタヒメ)の娘は玉依姫命(タマヨリヒメ)といい、天忍骨命(アメノオシホネ)の妃となって天之杵火火置瀨尊(アメノギホホオキセ)を生んだとする。
 また、別伝では勝速日命(カチハヤヒ)の子が天大耳尊(アマノオオミミ)で、丹舄姫(ニツクリヒメ)をめとって火瓊瓊杵尊(ホノニニギノミコト)を生んだといっている。
 更に別伝で、天杵瀨命(アマノキセ)が吾田津姫(アタツヒメ)をめとって火明命を生み、次に火夜織命(ホノヨリ)、次に彦火火出見尊を生んだとしている。
 一書第八は、正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊(オシホミミ)が高皇産靈尊の娘の天萬栲幡千幡姫をめとって生んだのが天照国照彦火明命(アマテルクニテルヒコホノアカリ)とする。
 この天照国照彦火明命(ホアカリ)が尾張連の娘の木花開耶姫命を妃として火酢芹命(ホノスセリ)、次に彦火火出見尊を生んだと書いている。
 これほど系図的に混乱している神様もなかなかいない。各地に伝わるホアカリの伝承をまとめてひとりの人物のように書いてしまったために大きな混乱が生まれてしまったのではないだろうか。『先代旧事本紀』がいうアメノホアカリとニギハヤヒは同一で、天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊とするのもそのひとつだろう。ニギハヤヒとは別にホアカリがいて、ニギハヤヒもまたホアカリだったと考えていいかもしれない。
『播磨国風土記』では大汝命(オオナムチ)と弩都比売(ノツヒメ)との子となっており、乱暴な性格でオオナムチに捨てられ、怒ってオオナムチが乗る舟を転覆させたといったことが書かれている。こういった粗暴な一面はスサノオにも通じる。
 尾張氏の他、津守氏、伊福部氏、海部氏などがアメノホアカリを祖としており、海部氏の系図でも始祖として載っている。
 海部氏が宮司を務める京都府宮津市にある丹後国一宮で元伊勢の籠神社(web)や、尾張国一宮の真清田神社(愛知県一宮市/web)などが祀る。
 飛騨一宮水無神社(web)は、主祭神の水無神を御歳神としているものの、水主直は『新撰姓氏録』では火明命の後裔となっていることからすると、本来の祭神は天火明だったかもしれない。 
 名古屋では守山区の東谷山山頂にある尾張戸神社や、守山区の八劔神社(大森)、熱田区の孫若御子神社(熱田神宮内)が天火明命を祀っている。

ホーム 神様事典