ウカノミタマ《倉稲魂命》

ウカノミタマ《倉稲魂命》

『古事記』表記 宇迦之御魂神
『日本書紀』表記 倉稲魂命
別名 稲荷神、御倉神、専女(トウメ)、三狐神(ミケツ)
祭神名 宇迦之御魂命・倉稲魂神・他
系譜 (父)須佐之男命(『古事記』)または伊弉諾神(『日本書紀』)
(母)神大市比売(『古事記』)または伊弉冉神(『日本書紀』)
(兄)大年神(『古事記』)
属性 穀物・食物
後裔  
祀られている神社(全国) 伏見稲荷大社(京都府京都市)をはじめとする全国の稲荷社
祀られている神社(名古屋) 稲荷社(八百島)(港区)、稲荷社(義市稲荷)(東区)、生玉稲荷神社(守山区)、寶田社(八番)(熱田区)、七所社(岩塚)(中村区)、伊奴神社(西区)
『古事記』は、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)から救ってめとった櫛名田比売(クシナダヒメ)の後、大山津見神(オオヤマヅミ)の娘の神大市比売(カムオオイチヒメ)をめとって大年神(オオトシ)と宇迦之御魂神(ウカノミタマ)が生まれたと書く。
『日本書紀』は、神生みの段の一書(第六)で、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が大八洲国を生み、その後様々な神が生まれる中で、イザナギが飢えたときに生まれたのが倉稲魂命(ウカノミタマ)としている。
 記紀ともに活躍が描かれることはなく、ウカは食物・穀物のことと考えられ、倉稲魂の表記から稲をおさめた倉を神聖視したものともされる。
 京都の伏見稲荷大社(web)の祭神とされたことから全国の稲荷社で祀られている。
 稲荷神はもともと渡来人の秦氏が祀った神で、空海が教王護国寺(東寺/web)を開くときに秦氏が稲荷山から切り出した木材を提供したことで東寺が稲荷神を祀り、仏教のダキニ天(荼枳尼天)と習合した。ダキニは白狐にまたがる天女の姿として描かれることが多く、そこから稲荷神の使いは狐とされた。食物神のことを御食津神・三狐神(ミケツカミ)とも呼ぶ。
 三大稲荷に定説はなく、伏見稲荷大社以外は、豊川稲荷(妙厳寺/web)、最上稲荷(妙教寺/web)、祐徳稲荷神社(web)、笠間稲荷神社(web)などがそれぞれ三大稲荷を称している。
 名古屋では一部の稲荷社が保食神(ウケモチ)を祭神としている他はウカノミタマを祀っている。祭神名としては、倉稲魂神としているところと、宇迦之御魂命としているところがある。
 守山区の生玉稲荷神社、中区の稲荷神社(古渡稲荷神社)、緑区の豊藤稲荷神社などが名古屋を代表する稲荷社といっていいと思う。
 寺院内社や企業社として稲荷神を祀っているところも多い。

ホーム 神様事典