シナツヒコ《級長津彦命》

シナツヒコ《級長津彦命》

『古事記』表記 志那都比古神
『日本書紀』表記 級長津彦命
別名 志那都彦神・級長戸辺命(シナトベ)
祭神名 志那都彦神・志那都比古神・他
系譜 (親)伊邪那岐命/伊弉諾尊・伊邪那美命/伊弉冉尊
(姉/妻)級長戸辺命とも
属性
後裔  
祀られている神社(全国) 龍田大社、内宮別宮・風日祈宮(かざひのみのみや)、外宮別宮・風宮
祀られている神社(名古屋) 雨宮社(中川区)
『古事記』は伊邪那岐命(イザナギ)と伊邪那美命(イザナミ)の神生みの中で生まれた神とする。風の神と明記している。
『日本書紀』は神生みの段の一書(第六)で、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)が大八洲国を生み、生まれたばかりの国は朝霧がかかっていて薫りに満ちているのでそれを吹き消そうと息を吐いたら神が化成したとする。名を級長戸辺命(シナトベ)といい、またの名を級長津彦命(シナツヒコ)としている。
 神社の祭神としては、志那都比古神・志那都比売神の男女一対で祀られることがある。風の神として古くから信仰されてきた奈良県生駒郡の龍田大社(web)祭神の天御柱命・国御柱命は志那都比古神・志那都比売神のこととされる。
 伊勢の神宮(web)の別宮、風日祈宮(内宮)と風宮(外宮)は級長津彦命と級長戸辺命を祀っている。
 級長戸辺は女神とされることがあり、このあたりに少し混乱が見られる。
 神宮の風日祈宮と風宮が別宮に格上げされたのは、蒙古襲来のとき神風を吹かせて撃退した功績があったとされたためだ。
 名古屋では中川区の雨宮社で志那都比古神が祀られている。もともと村内の別の場所にあった風宮社を合祀したためで、他にも風宮があったようだ。
 大風が大きな被害をもたらすことを考えるともっと風の神を祀ってもよかったと思うのだけど、全国的に見ても風の神社は少ない。

ホーム 神様事典