アメノタヂカラオ《天手力雄神》

2019年12月28日

アメノタヂカラオ《天手力雄神》

『古事記』表記 天手力男神
『日本書紀』表記 天手力雄神
別名 天之手力男神
祭神名 天手力男命・他
系譜 不明
属性  
後裔 不明
祀られている神社(全国) 戸隠神社(長野県長野市)、佐那神社(三重県多気郡)、長谷山口坐神社(奈良県桜井市)、白井神社(兵庫県尼崎市)、雄山神社(富山県中新川郡)、手力雄神社(岐阜県岐阜市)、手力雄神社(岐阜県各務原市)、石刀神社(愛知県一宮市)、湯島天満宮(東京都文京区)、戸明神社(福岡県北九州市)、天手長男神社(長崎県壱岐市)、神命大神宮那須別宮(栃木県那須郡)
祀られている神社(名古屋) なし
 天照大神(アマテラス)が天の岩屋に隠れて、外の神々が騒がしいので何事かと戸を少し開けて外を覗いたとき、アメノタヂカラオがアマテラスの手を取って天の岩屋から引きだしたと記紀にある。
 アマテラスを引っ張り出す専門として雇われたのか。他に活躍の場面は描かれず、『日本書紀』ではこの後登場しない。
『古事記』は、邇邇芸命(ニニギ)が天孫降臨する際、八尺の勾玉・八尺の鏡・草薙の剣に思金神・手力男神・天岩戸別神を添えてニニギに遣わせたと書いている。
 しかし、氏族の祖になったとは書いておらず、佐那の縣の宮にいるとある。今の佐那神社(三重県多気町佐奈)がその宮とされる。
 アメノタヂカラオを祀る主な神社に、長野県長野市の戸隠神社(web)、岐阜県各務原市の手力雄神社(web)、長崎県壱岐市の天手長男神社などがある。
 名古屋市内にアメノタヂカラオを祀る神社はない。

ホーム 神様事典