コトシロヌシ《事代主神》

2019年12月28日

コトシロヌシ《事代主神》

『古事記』表記 重事代主神・八重言代主神
『日本書紀』表記 事代主神
別名 八重事代主神、玉櫛入彦嚴之事代神、都味歯八重事代主神、積羽八重事代主命、辞代主神
祭神名 事代主命・他
系譜 (父)大国主神(オオクニヌシ)
(母)神屋楯比売命(『古事記』)、 高津姫神(『先代旧事本紀』)
(弟)建御名方神
(妻)玉櫛媛、阿波咩命
(子)媛蹈鞴五十鈴媛命、物忌奈命
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 三嶋神社、美保神社(島根県松江市)、三輪惠比須神社(奈良県桜井市)、長田神社(神戸市長田区)、事代主神社 (徳島県阿波市)、生夷神社(徳島県勝浦郡)のほか、恵美須神社(京都府京都市)、今宮戎神社(大阪府大阪市) 、志紀長吉神社(大阪府大阪市) 、大前恵比寿神社(栃木県真岡市)、鴨都波神社(奈良県御所市/web
祀られている神社(名古屋) 八幡社(長須賀)(中川区)、豊藤稲荷神社(緑区)、斎穂社(守山区)
『古事記』では大国主神(オオクニヌシ)と神屋楯比売命(カムヤタテヒメ)の子とし、『日本書紀』は大国主神と高津姫神(タギツヒメ)との子としている。
 タギツヒメは宗像三女神の一柱である多岐都比売命/湍津姫のこととされ、海部氏系図では高津姫神は神屋多底姫(カムヤタテヒメ)の別名としていることからタギツヒメとカムヤタテヒメは同一と考えてよさそうだ。
 コトシロヌシの子の媛蹈鞴五十鈴媛(ヒメタタライスズヒメ)が初代神武天皇の皇后となり、五十鈴依媛命(イスズヨリヒメ)が第2代綏靖天皇の皇后となったとされる。
 記紀ともにオオクニヌシの国譲りの場面で登場し、天津神に葦原中国を譲る決定をしたのがコトシロヌシだった。事代主もしくは言代主という名前から神の託宣を伝える役割を担っていたと考えられている。
 国譲りの場面では、浜に魚釣り、もしくは鳥射ちをしに行っていると記紀は書いている。これは何かを暗示しているに違いない。
 国譲りを承諾したあと、『古事記』は船を踏み傾けて天の逆手を青柴垣に打ち成らして隠れたといっている。青柴垣は神が宿るとされる垣のことで、逆手というのは通常の柏手とは違う形の拍手で、ある種の呪術とされる。『日本書紀』は天の逆手について触れていない。
 現在でも皇居にある八神殿(はっしんでん)の第八殿で事代主神を祀っているのは、このときのコトシロヌシの呪いを封じるためとも考えられる。
 国譲りの経緯に関して、『日本書紀』一書(第二)は本文とはかなり違う展開となっている。天津神によって派遣された経津主神(フツヌシ)と武甕槌神(タケミカヅチ)は大己貴神(オオナムチ)に対して天津神に国を奉るかと問いかけたところ、あなたたちは怪しい、ここは自分の土地だから譲れないというのでフツヌシは天に戻って報告した。それを聞いた高皇産霊尊(タカミムスビ)はなるほど一理あるといい、それでは現世の支配を皇孫が受け持ち、お前のために立派な宮を建てるから幽界の支配を任せたいと思うがどうだろうと提案し、オオナムチはそれを受け入れ、体に八坂瓊の大きな玉をつけて永久に隠れたとしている。その際、岐神(フナトノカミ)を自分の代わりに付けるといい、フツヌシはフナトノカミの先導で各地を巡って平定し、このとき帰順した首長の中に大物主神(オオモノヌシ)と事代主神(コトシロヌシ)がいたと書いている。
 本文よりもこちらの方が事実を反映しているように思えるけどどうだろう。
『日本書紀』には、神功皇后が新羅を討った帰りに武庫の水門(むこのみなと)で事代主尊に「吾を御心長田国に祀れ」と神告を受けたという話が出てくる。そこで山背根子の女・長媛に祀らせたという。今の兵庫県神戸市の長田神社(web)がそれに当たるとされる。
 中世に七福神の恵比寿神と同一視されたことからオオクニヌシ(大黒様)とともに祀られることもあった。
 伊豆国一宮の三嶋大社(web)は大山祇命(オオヤマツミ)とともに積羽八重事代主神という祭神名でコトシロヌシを祀っている。
 その他、奈良県御所市の鴨都波神社(web)、島根県松江市の三保神社(web)、徳島県阿波市の事代主神社などが祭神としている。
 名古屋ではコトシロヌシを主祭神として祀っている神社はなく、中川区の八幡社(長須賀)、緑区の豊藤稲荷神社、守山区の斎穂社で他の神々とともに祀られている。

ホーム 神様事典