ウマシマジ《可美真手命》

ウマシマジ《可美真手命》

『古事記』表記 宇摩志麻遅命
『日本書紀』表記 可美真手命
別名 味間見命(『先代旧事本紀』)
祭神名 宇摩志麻遅命・他
系譜 (父)邇芸速日命
(母)登美夜須毘売/三炊屋媛
(兄)天香山命(『先代旧事本紀』)
(子)彦湯支命(『先代旧事本紀』)
属性 物部氏の祖
後裔 物部氏、木積氏
祀られている神社(全国) 物部神社(島根県大田市)、石切剣箭神社 (大阪府東大阪市)
祀られている神社(名古屋) 味鋺神社(北区)、物部神社(筒井)(東区)
『古事記』では宇摩志麻遅命(ウマシマジ)、『日本書紀』では可美真手命(ウマシマデ)と表記される。
『先代旧事本紀』は味間見命(ウマシマミ)とする。
 記紀ともに神武東征の場面で、邇芸速日命/櫛玉饒速日命(ニギハヤヒ)の子として名前だけ出てくる。
『古事記』は、登美毘古(トミビコ/那賀須泥毘古(ナガスネヒコ))の妹の登美夜毘売(トミヤビメ)をめとって生んだ子が宇麻志麻遅命(ウマシマジ)とし、物部連(もののべ)・穂積臣(ほづみ)・婇臣(うねめ)の祖と書く。
『日本書紀』は長髄彦(ナガスネヒコ)の妹の三炊屋媛(ミカシキヤヒメ)をめとって生んだ子が可美眞手命(ウマシマデ)とする。
 ミカシキヤヒメの別名を長髄媛(ナガスネヒメ)、またの別名を鳥見屋媛(トミヤビメ)ともいうといっている。
 人物関係は共通しているのだけど、人名が微妙に違っている。
 ウマシマジ・ウマシマデ・ウマシマミで共通するのはウマシマの部分だから、ウマシマで切るのか、ウマシで切るのか。その場合、マジ・マデ・マミは同じ事を表しているのだろうか。あるいは、ウマ・シマ・ジ(デ/ミ)という切り方なのか。
 物部氏側から書かれたとされる『先代旧事本紀』は、饒速日命(ニギハヤヒ)の別名を天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊として、尾張氏の祖とされる天火明(アメノホアカリ)とは同一人物で、ウマシマジと天香山命(アマノカグヤマ)は異母兄弟とする。
 ウマシマジの子に彦湯支命(ヒコユキ)がいるとも書いている。
 ウマシマジは父ニギハヤヒが残した十種の天璽瑞宝(あまつしるしのみづたから)を神武天皇に献上し、天皇と皇后の魂を鎮める呪術を行ったという。
 石見国一宮の物部神社(web)社伝によると、ウマシマジは神武東征の際に義兄の天香山命(アマノカグヤマ)とともに兵を率いて尾張、美濃、越国を平定し、アマノカグヤマは越国に残って後に彌彦神社(越後国一宮/web)に祀られ、ウマシマジは播磨、丹波を経て石見国で没して葬られ、そこに物部神社が建てられたとしている。
 奈良県天理市の石上神宮(web)は、武甕槌(タケミカヅチ)が葦原中国平定のとき使った布都御魂剣をウマシマジが宮中で祀っていて、第10代崇神天皇の時代に、物部氏の伊香色雄命(イカガシコオ)が現在の場所に祀ったのが始まりと伝える。
 大阪府東大阪市の石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ/web)は、生駒山中の宮山にウマシマジ(可美真手命)が饒速日尊(ニギハヤヒ)を祀ったのが起源で、崇神天皇時代に可美真手命が祀られたとする。
 社家の木積氏は物部氏から分かれた穂積氏の末裔とされる。
 愛知県春日井市の味美(あじよし)と名古屋市北区の味鋺(あじま)は古墳密集地帯で、味美二子山古墳はウマシマジの墓という言い伝えがある。
 味鋺神社は、宇摩志麻治命と、その子、味饒田命(ウマシニギタ/マジニギタ)を祀っている。
 味鋺の地名は、この味饒田、まはたウマシマジの『先代旧事本紀』の表記である味間見命から来ているという説がある。
 東区の物部神社(筒井)も宇麻志麻遅命を祀る。

ホーム 神様事典