ニギハヤヒ《饒速日命》

ニギハヤヒ《饒速日命》

『古事記』表記 邇芸速日命
『日本書紀』表記 饒速日命
別名 天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊、天照國照彦天火明尊、胆杵磯丹杵穂命、天照御魂神、天照皇御魂大神、櫛玉命、櫛玉神饒速日命
祭神名 饒速日命・他
系譜 (妻)登美夜毘売/三炊屋媛
(子)宇麻志麻遅命
属性 天津神
後裔 物部連、穂積臣、婇臣
祀られている神社(全国) 磐船神社(大阪府交野市/web)、石切劔箭神社(大阪府東大阪市/web)、矢田坐久志玉比古神社(奈良県大和郡山市/web
祀られている神社(名古屋) 孫若御子神社(熱田神宮内)(熱田区)、八劔神社(大森)(守山区)、尾張戸神社(守山区)
(いずれも祭神名は天火明)
 記紀ともに神武東征の場面で登場する。
 神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイワレビコ)は兄の五瀬命(イツセ)らと相談し、天下を治めるために日向の高千穂宮を出て東に向かう。
 浪速の渡を通って白肩津(しらかたのつ/東大阪市日下あたり)で船を泊めると、登美(奈良県富雄町か)の那賀須泥毘古(ナガスネヒコ)が兵を集めて待ち構えていて戦闘になる。
 その戦いでイツセは矢を受け傷を負い、カムヤマトイワレビコ一行は退却させられる。
 熊野に到ったとき、建御雷神(タケミカヅチ)が高倉下(タカクラジ)を通じて葦原中国を平定したときに使った横刀がカムヤマトイワレビコ軍にもたらされると敵はひとりで倒れたという。この刀(佐士布都神/甕布都神/布都御魂)は後に奈良県天理市の石上神宮(web)に祀られることになる。
 この後、ナガスネヒコ軍団との再戦になるのだけど、何故か名前が登美毘古(トミビコ)になる。登美(とみ)はナガスネヒコが待ち構えていたところの地名で、ナガスネは邑の名と『日本書紀』にあるので、トミの彦とナガスネの彦は同一と考えていいだろうか。
 ここでニギハヤヒが登場する。イワレビコの元を訪れ、天津神の子が天降ったと聞いてきたけど、自分も天津神だといい、その印である宝物をイワレビコに献上した。
 ニギハヤヒはナガスネヒコの妹の登美夜毘売(トミヤビメ)と結婚して、宇麻志麻遅命(ウマシマジ)が生まれており、物部連、穂積臣、婇臣の祖であるという説明が入る。
 そうしてイワレビコは荒ぶる神たちを説得したり平定したりして畝火の白祷原宮(かしはらのみや)で天下を治めた、というのが『古事記』の内容だ。ナガスネヒコ(トミビコ)がどうなったかは書かれていない。
『日本書紀』ではカムヤマトイワレビコは東征に出る前から東の国に天磐船(アマノイワフネ)に乗って飛び降りた饒速日(ニギハヤヒ)がいることを知っていたという設定になっている。東に美し国があることを教えたのは鹽土老翁(シオツチノオジ)だとも書いている。
 大和にいた長髄彦(ナガスネヒコ)もイワレビコがやって来て国を奪おうとしていることを知っていて待ち受けていた。兵を集めて孔舍衞坂(くさえのさか/大阪府と奈良県の境)で迎え撃ち撃退する。
 この後、熊野で高倉下(タカクラジ)を通じてタケミカヅチの剣が与えられる展開は同じで、ピンチを脱するものの、ナガスネヒコとの再戦ではまたも敗れることになる。
 そのとき不意に氷雨が降り、金色の鳶(とび)がイワレビコの弓に止まった。するとナガスネヒコ軍は急に戦意を喪失してしまったという。
 ナガスネヒコはイワレビコの元に使者を送りこう伝えた。昔、天磐船に乗って天からやって来た櫛玉饒速日命(クシタマニギヤハヒ)に自分は仕えている。妹の妹の三炊屋媛(ミカシキヤヒメ)をめとって子供もいる。天神の子がどうして二人もいるというのか。おかしいではないかと。
 イワレビコは、天神の子なら印を持っているはずだからそれを見せるようにといい、対してナガスネヒコはニギハヤヒが持っていた天羽々矢と步靫(かちゆき)を見せた。
 それを見たイワレビコは本物であることを認め、自分が持っている同じものをナガスネヒコに見せるとナガスネヒコは恐れおののいたものの、後には引けないと抵抗を続けたため、ニギハヤヒはナガスネヒコを殺し、イワレビコに下ったと『日本書紀』はいう。
 いずれもニギハヤヒを天神として、その子のウマシマジを物部氏などの祖としている。
 物部氏が書いたとされる『先代旧事本紀』によると、天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊は天忍穂耳尊(アメノオシホミミ)の子で瓊瓊杵尊(ニニギ)の兄に当たる天火明命(アメノホアカリ)と同一神という。これが本当であれば、物部氏と尾張氏は同族ということになる。
 ただ、『新撰姓氏録』はアメノホアカリを天孫、ニギハヤヒを天神として区別している。
 ニギハヤヒについては謎の多い存在として様々なことが語られている。
 大阪府交野市の磐船神社(web)はニギハヤヒが天の磐船に乗って降りた地という伝承を持つ。
 大阪府東大阪市の石切劔箭神社(web)、奈良県大和郡山市の矢田坐久志玉比古神社(web)などで祀られるも、その数は少ない。そのことから、消された神といった言われ方をすることもある。
 名古屋ではニギハヤヒを祭神としている神社はないものの、天火明(アメノホアカリ)と同一というのであれば、熱田区の孫若御子神社(熱田神宮内)、守山区の八劔神社(大森)尾張戸神社で祀られている。

ホーム 神様事典