イワサク・ネサク《磐裂神・根裂神》

イワサク・ネサク《磐裂神・根裂神》

『古事記』表記 石析神・根析神
『日本書紀』表記 磐裂神・根裂神
別名  
祭神名 磐裂神・根裂神・他
系譜 (親)火之迦具土神(カグツチ)より
(子)磐筒男神・磐筒女神
属性  
後裔 (孫)経津主神
祀られている神社(全国) 加蘇山神社(栃木県鹿沼市)、赤星神社(愛知県江南市)、御逗子神社(奈良県橿原市)
祀られている神社(名古屋) 赤星神社(中川区)
 記紀ともにイザナギがカグツチを斬ったとき剣についた血から成ったとしている。
『古事記』は、伊邪那岐命(イザナギ)が十拳剣で迦具土神(カグツチ)の頸を斬り、刀の前についた血が湯津石村に走り就いて成ったのが石拆神で、次に根拆神、次に石筒之男神(イワツツノオ)が成ったとする。
『日本書紀』一書(第六)は、イザナギが十握剣でカグツチを三段に斬り、剣の刃からしたたった血が天安河の五百個の磐石となって(これが経津主神(フツヌシ)の祖先となったとする)、剣の峰からしたたった血が磐裂神(イワサク)となり、次に根裂神(ネサク)、次に磐筒男命(イワツツノオ)に成ったとしている。一説では磐筒男命と磐筒女命(イワツツノメ)が生まれたとも書いている。
 一書(第七)では、カグツチを斬ったときに天八十河にある五百個の磐石となり、そこから磐裂神、次に根裂神、その子が磐筒男神、次に磐筒女神、その子が經津主神(フツヌシ)と書く。
 いずれにしても、カグツチを斬ったとき剣の刃についた血から化成したということが共通要素として語られている。磐が裂け、根が裂けるという名前からして激しい力を持つ何かを象徴しているのだろう。あるいは、神の血を得たものが神になるということを言わんとしているのか。
 イワサク・ネサクを祀る神社としては、栃木県鹿沼市の加蘇山神社などがあるものの、全国でも数は少ない。
 名古屋では中川区の赤星神社が根裂神(ネサク)を単独で祀っている。愛知県江南市の赤星神社も同じく根裂神を祭神としている。
 星神と根裂神がどういう関係性にあるのかは分からない。ただの星神ではなく赤星神と根裂神に関係があるのだろうか。

ホーム 神様事典