オカミ《龗神》

2019年12月28日

オカミ《龗神》

『古事記』表記 淤加美神
『日本書紀』表記 龗神
別名 闇龗神(クラオカミ)、高龗神(タカオカミ)
祭神名 罔象女命・他
系譜 (親)迦具土神(カグツチ)
(子)日河比売(ヒカワヒメ/『古事記』)
属性  
後裔  
祀られている神社(全国) 貴船神社(京都府京都市)、丹生川上神社(奈良県吉野郡)、意加美神社
祀られている神社(名古屋) 東八龍社(北区)、西八龍社(北区)、八龍社(福徳町)(北区)、雨宮社(中川区)、白龍社(名駅南)(中村区)
『古事記』は伊邪那美命(イザナミ)が火の神・火之迦具土神(カグツチ)を生んだとき女陰に火傷をして死んでしまったことに怒った伊邪那岐神(イザナギ)がカグツチを斬り殺し、そのとき剣からしたたった血が指から流れ落ちて生まれたのが闇淤加美神(クラオカミ)で、次に闇御津羽神(クラミツハ)が生まれたとしている。
『日本書紀』一書(第六)は、剣の柄からしたたった血から闇龗(クラオカミ)、次に闇山祇(クラヤマズミ)、次に闇罔象(クラミツハ)が生まれたとする。
 一書(第七)では、カグツチを三段に斬って、一段が雷神、一段が大山祇神(オオヤマヅミ)、一段が高龗(タカオカミ)となったと書いている。
 闇は谷を、高は山を表し、龗は龍の古語とされる。
 京都府京都市の貴船神社(web)は高龗を祭神とする。
 丹生川神神社の中社(web)は罔象女神を、上社は高龗神、下社は闇龗神を祀るとしている。
 名古屋では北区の東八龍社西八龍社八龍社(福徳町)、中川区の雨宮社、中村区の白龍社(名駅南)で高龗神を祀っている。
 闇龗神を祭神としている神社は名古屋にはない。

ホーム 神様事典