タケイナダネ《建稲種命》

タケイナダネ《建稲種命》

『古事記』表記 建伊那陀宿禰(?)
『日本書紀』表記 なし
別名  
祭神名 建稲種命・他
系譜 (父)乎止与
(母)眞敷刀婢命
(妹)宮簀媛
(妃)玉姫
(子)尾綱根命(オツナネ/尻綱根)、志理都紀斗売(シリツキトメ)、金田屋野姫命(カナタヤノヒメ)
属性 尾張氏、丹波国造(?)(『先代旧事本紀』)
後裔  
祀られている神社(全国) 内々神社(愛知県春日井市/web)、幡頭神社(西尾市吉良町/web)、羽豆神社(愛知県知多郡)
祀られている神社(名古屋)
尾張戸神社(守山区)、熱田神宮(熱田区)、成海神社(緑区)
 尾張氏(海部氏)の系図や『先代旧事本紀』によると、父は尾張国初代国造で尾張氏12代(11代とも)の乎止与(オトヨ)、母は尾張大印岐の娘・眞敷刀婢命(マシキトベ)、妻は丹羽氏の祖・大荒田命(オオアラタ)の娘の玉姫で、二男四女をもうけたとする。
 しかし、名前が出てくる子は尾綱根命(オツナネ)、志理都紀斗売(シリツキトメ)、金田屋野姫命(カナタヤノヒメ)の一男二女だけだ。
『先代旧事本紀』はタケイナダネを丹波国造(たにわのくにのみやつこ)とも書いているのだけど、唐突でちょっと信じられない。四世孫に大倉岐命(オオクラキ)がいると『先代旧事本紀』の国造本紀丹波国造条にあるので、そのことと混同したか。
『古事記』では建伊那陀宿禰と(タケイナダのすくね)あり、ここでは宿禰となっているも、尾張氏が宿禰の姓を賜るのはもっと後ではないかと思う。
 応神天皇の段に、応神天皇は品陀真若王(ホムダノマワカ)の3人の娘、高木之入日売命(タカキノイリヒメ)・中日売命(ナカツヒメ)・弟日売命(オトヒメ)をめとったとあり、品陀真若王(ホムダノマワカ)は五百木之入日子命(イホキノイリヒコ)と尾張連の祖先の建伊那陀宿禰(タケイナダ)の娘の志理都紀斗売(シリツキトメ)の間の子供といっている。
 いろいろややこしいのだけど、ややこしいついでにタケイナダネの子についてもう少し書いておくと、尾張氏系図や『先代旧事本紀』でタケイナダネのあとを継いだとされるのが尾綱根(オツナネ)またの名を尻綱根(シリツナネ)で、第15代応神天皇の大臣を務めたとする。
 応神天皇と中日売命(ナカツヒメ)との間の大雀命(オオサザキ)が第16代仁徳天皇として即位した。
 その他の人間関係も複雑で、系図を絵にしないと理解できない。
 タケイナダネに話を戻すと、第12代景行天皇と第13代成務天皇の二代にわたって朝廷に仕えたとされ、日本武尊(ヤマトタケル)の東征に副将軍として従って、帰りに駿河の海で命を落としたと伝わる。しかし、これは矛盾する話で、ヤマトタケルは景行天皇の皇子だから、その時代に死んでいたとしたら次の成務天皇に仕えることは不可能だ。父のオトヨは成務天皇時代に初代尾張国造に任命されたという話も無理がある。
『古事記』、『日本書紀』のヤマトタケル東征の段では、タケイナダネとオトヨの名前は出てこない。『古事記』は尾張国で尾張国造の祖、美夜受比売(ミヤズヒメ)の家に入ったと書き、『日本書紀』は東征の行きに尾張に寄ったという記述はなく、帰りに尾張で尾張氏の女の宮簀媛をめとって何ヶ月か過ごしたとある。
 タケイナダネの話を語っているのは、熱田神宮web)の縁起書や関係神社の由緒などで、かなり脚色があると思った方がいいのだけど、それによると、タケイナダネは東征から海路で帰る途中の駿河で珍しい海鳥を見つけてヤマトタケルに献上するために掴まえようとして海に落ちて死んだという。
 ヤマトタケルがその知らせを受けたのが春日井市の内津峠で、「ああ現哉かな、現哉かな」(うつつかな)と嘆いて、タケイナダネをその地に祀ったのが内々神社(web)の始まりとされる。
 内々神社では日本武尊と宮簀媛も祀られている。
 タケイナダネの痕跡は名古屋市内には薄く、南知多や西三河の海岸沿いに色濃い。
 西尾市吉良町にある幡頭神社(はずじんじゃ/web)は、流れ着いたタケイナダネの遺体を村人が葬って祀ったのが始まりといい、幡頭はタケイナダネが水軍の幡頭(はたがしら)をつとめたことから来ているとされる。
 羽豆神社と書くもうひとつのハズ神社は知多郡南知多町の師崎にあり、ここはタケイナダネと玉姫が暮らしていた土地という伝承が残っている。
 近くの羽豆岬が別名、待合浦と呼ばれるのは、玉姫がタケイナダネの帰りを待っていたからともいう。
 幸田町にある蘇美天神社と西尾市にある志葉都神社は、タケイナダネの息子の建蘇美と建津平を祀るという。
 これは系図にない人物なので創作かもしれないけど、それだけ西三河にタケイナダネにまつわる言い伝えが多く残っているということだろう。
 西尾市吉良町にある西三河最大の前方後円墳とされる正法寺古墳(全長89メートル)は4世紀後半の築造というから、この地方では古い。タケイナダネ一族の誰かが被葬者かもしれない。
 系図上にある子の尻調根命(尾綱根命)は、犬山市の針綱神社(web)の祭神に名を連ねる。主祭神はオツナネ(シリツナネ)の子の尾治針名根連命(ハリナネ)なので、再び北に本拠地を移したということか。
 名古屋市天白区の針名神社では針名根連命を主祭神として祀っているから、尾張東部に勢力を拡げたとも考えられる。
 小牧市の田縣神社(web)の祭神は御歳神(ミトシ)と玉姫命になっている。社伝によると、玉姫はタケイナダネ亡き後、子供たちを連れて故郷の荒田に戻って過ごし、後に田縣神社で祀られるようになったという。
 名古屋市最高峰の東谷山(198メートル)山頂にある尾張戸神社は、尾張氏の祖・天火明命、天香語山命とともに建稲種命を祀る。ここは簀媛命が創祀という伝承がある。
 その他、熱田区の熱田神宮、緑区の成海神社でも建稲種命と宮簀媛命は祀られている。

ホーム 神様事典