アメノムラクモ《天村雲命》

アメノムラクモ《天村雲命》

『古事記』表記 なし
『日本書紀』表記 なし
別名 天五多底/天五多手(アメノイタテ)、天五田根(アメノイタネ)(ともに『先代旧事本紀』)
祭神名 天村雲命・他
系譜 (父)天香具山(尾張氏系図)
(母)穂屋姫命(ホヤヒメ)(『先代旧事本紀』)
(妃)阿俾良依姫(アイラヨリヒメ)(『先代旧事本紀』)
(子)天忍人命(アメノオシヒト)、天忍男命(アメノオシオ)、忍日女命(オシヒメ)、角屋姫(ツノヤヒメ)(いずれも『先代旧事本紀』)
属性 尾張氏の祖
後裔 尾張氏、海部氏
祀られている神社(全国) 天村雲神社、他
祀られている神社(名古屋) なし
『古事記』、『日本書紀』には登場しないものの、『先代旧事本紀』や尾張氏一族の海部氏系図では重要な位置づけの人物となっている。
 尾張氏の祖を天火明(アメノホアカリ)とする系図では、その子の天香具山(アメノカグヤマ)が二代、その子の天村雲が三代に当たる。
 しかし、話はそう単純ではないかもしれない。尾張氏の三代目というわりには尾張国内にその痕跡がなさすぎる。
 アメノムラクモを単独もしくは主祭神として祀っている神社は陸奥国(福島県から青森県にかけての太平洋側)に集中している。祭神名としては天牟羅雲神などと表記されているので、天村雲と必ずしも同一ではないのかもしれないけど、石見国一宮の物部神社(島根県大田市/web)や彌彦神社(新潟県西蒲原郡/web)の社伝がいうように、天香具山が日本海側の越国を平定・開発したという流れを受けて、その子の天村雲が東北の太平洋側を開発したというのは理にかなっているようにも思う。
 他の地域で天村雲を祀っている神社は、伊勢国や阿波国に少しある。尾張国には一社もない。
 しかし、アメノムラクモといえば、草薙剣の元の名とされる天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を連想させる。その名の通りであれば、天村雲の剣ということになる。それを祀っているのはいうまでもなく熱田神宮だ。
 天叢雲剣の名前について、『日本書紀』は素戔鳴尊が八岐大蛇を退治する第八段の本文の中で、一書曰くという形で由来を書いている。大蛇のいるところの上には常に雲があるので、そう名づけられたのだろうと。その剣は日本武皇子の時代に草薙剣と呼ばれるようになったとも書く。
 その経緯については、景行天皇の段で、ヤマトタケルが駿河で地元の賊にだまされて野火に囲まれてピンチに陥った場面で説明がある。ここでも一説ではとした上で、ヤマトタケルが持っていた剣の叢雲(むらくも)が自然と抜けて草を薙ぎ払ったのでそれ以降、草薙剣と呼ぶようになったと書いている。
 叢雲の由来にしても、草薙の由来にしても、そういう伝承があるというだけではっきり書いているわけではないことに注意が必要だ。ただ、そういう伝承があるということはやはり無視できず、叢雲と村雲には何らかのつながりがあるとも考えられる。
『先代旧事本紀』は、天村雲の別名として、天五多底/天五多手(アメノイタテ)、天五田根(アメノイタネ)という名を挙げている。ここにも何か意味がありそうだ
 母を穂屋姫命(ホヤヒメ)とし、妃の阿俾良依姫(アイラヨリヒメ)との間に天忍人命(アメノオシヒト)、天忍男命(アメノオシオ)、忍日女命(オシヒメ)がいて、母不明の子として角屋姫(ツノヤヒメ)を記している。
 海部氏系図では、阿俾良依姫を日向の姫とし、丹波の伊加里姫(イカリヒメ)との間に倭宿禰(椎根津彦)と葛木の出石姫(イズシヒメ)が、母不明の子として忍日女(オシヒメ)を書いている。
 系図では葛木の出石姫こと角屋姫(ツノヤヒメ)と異母姉弟(兄妹か)の天忍人が婚姻し、天忍人が尾張氏四代目、その子の天戸目(アメノトメ)が五代目となっている。
 弟と思われる天忍男の系統は、瀛津世襲(オキツソヨ)と世襲足姫(ヨソタラシヒメ)が生まれ、世襲足姫は第五代孝昭天皇の妃となり、その子と孫が第六代孝安天皇、第七代孝霊天皇となる。
『日本書紀』の中で、瀛津世襲は第五代孝昭天皇の大連になったという記述がある。
 このように系図上からするとキーパーソンともいえる天村雲について記紀はどうして触れなかったのか。何か秘密があるのではないかと疑いたくもなる。名前がムラクモなのだから、ムラクモ剣と呼ばれた草薙剣とまったく無関係とも思えない。それは父のカグヤマについても言えることで、天皇家にとって尾張氏はある種アンタッチャブルな存在だったのかもしれない。

ホーム 神様事典