適度な文章量というものがある

 今日の1ページは、天白区の針名神社

 初めは神社についてのデータと簡単な紹介でページを構成するつもりだったのに、だんだんヒートアップして、紹介文がコラムのようになってきている。それはまあいいのだけど、最初の頃に作ったページとの整合性がとれないかもしれないし、今後更に紹介文が長くなっていくおそれが出てきて、自分でもちょっとブレーキを踏まないといけないかもしれないと思い始めた。
 たくさん書けば書くほどいいというわけではなく、ほどよい文章量というものがある。何文字程度が適当なのかは分からないのだけど、簡潔にまとめることも親切のうちだ。こちらの思いを押しつけてはいけない。
 ただ、一度ブログで書いた神社についてもう一度調べ直して理解を深めながら書くことは自分にとって大きなプラスになっていることは確かだ。書きながら頭の整理ができているから、書く前よりも理解度が上がる。
 なるべく分かりやすい文章で書こうとするのは、私自身がよく理解していないことを自分に教え聞かせるようなつもりで書いているからだ。

 今日の針名神社については、以前さらっと書いただけで、そのときは何も分かっていなかった。犬山の針綱神社ももう一度訪ねて書き直さないといけない。
 もはやこのペースでは一日に2ページとかは無理なので、一日1ページを怠けずに続けることを目標にする。今年中には終わるだろうくらいの気持ちでいよう。まだ2月だけど。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up