晴明さんは来たのか来てないのか

 今日の1ページは千種区の名古屋神明神社
 取り扱いのやや難しい神社ではある。
 安倍晴明尾張国移住説をどこまで信じるか。本当に来ていて欲しいという思いと、まさかねという気持ちが入り交じる。
 上野天満宮の創建についての話がなければたぶん信じていない。けど、上野天満宮の創建の話として、安倍晴明絡みの話しか伝わっていないのがやはり気になる。
 創建不明の場合、たいていいくつかの説があるものだけど、上野天満宮は常に晴明の話しか出てこない。
 ただ、そうであるなら『尾張志』や『尾張名所図会』などにその話が載っていないのはおかしいという見方もできる。晴明神社の創建は江戸時代としても、上野天満宮が平安時代に創建されているのであれば、古い記録に必ず出てくるはずだ。それがない。
 そう考えると、上野天満宮も実際はいつ誰が創建したのか気になってくる。まったく何の根拠もなく唐突に安倍晴明の名前が出てくるとも思えないのだけど。
 公式記録以外にも、日記って大切だとあらためて思う。

 サイト制作を始めてから今のところ休まず続いている。でも、まだまだ終わりは見えてこない。南エリアも相変わらず手つかずだし、この調子で本当に終わるのかな。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up