個人から村の社へ

 今日の1ページ更新は夜になった。
 西区の円頓寺金刀比羅神社
 調べるまでは、元からあの場所にあって、昔はもっと広い境内を持っていたのだろうと思っていた。尾張藩士の家老の屋敷内にあったものとは思わなかった。
 個人で勧請した社が外に出されて、村人たちに大事にされて、やがて社殿を持つ神社になったという例はけっこうある。
 円頓寺にはもう一社、多賀宮がある。多賀宮についてもほとんど知らないので、近いうちに調べて書きたいと思っている。

 今日はサルタヒコ号に導かれて南区、緑区の神社をたくさんめぐってきた。ようやく南西エリアに取りかかることができる。
 南西エリアは近日公開予定。



2件のコメント

  1. オオタマサユキ 様

    こんにちは。

    欠かさず毎日の更新。
    本当にありがとうございます(^^)

    『サルタヒコ号』に導かれ……、とはまるで神話のようですね☆〃

    ワクワクします(^^)

    南西エリアの記事。楽しみにしていますね♪

    1. >RIZEさん

       こんにちは。
       なんとか毎日更新続いてます。
       そのうち途切れるだろうと思いつつ、2ヶ月くらいになったかな。
       焦っても一気には終わらないことが分かったから、今年いっぱいかけるつもりで怠けずがんばります。

       思い返せば、ここでの支部長任命がサルタヒコ号誕生のきっかけでもありましたね(笑)。
       サルタヒコ号でめぐる南西エリアの旅の続きも楽しみです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up