南区が進む

 今日の1ページは南区の七所神社
 村上社のところで出てきた村上天皇とその兄の朱雀天皇、関白・藤原忠平、平将門がつながった。神社を介してこういうふうに歴史がつながっていくのが面白い。
 それにしても、名古屋市内の神社で平将門絡みのものがあるとは思わなかった。ひょっとすると、他のところでもつながりがあるのかもしれない。
 大垣の御首神社も行ってみたい。神田明神は前に一度行った。東京の首塚はまだ行けていない。

 南区の神社紹介がこれで5社になった。南西エリアも少しずつ進んでいる。
 とはいえ、南区の神社は主だったもので35社ある。実際はもう少しあるはずだ。まだまだ先は長い。
 ぼちぼち緑区や熱田区も増やしていきたい。
 南西エリアの神社めぐりは、サルタヒコ号という強力な助っ人を得て、快調に進んでいる。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up