秋葉社も大事

 今日の1ページは緑区の辻の秋葉社
 この規模の神社まで収録するかどうかは迷いどころなのだけど、この神社については書くべきことがあると判断したので登録することにした。それに、愛知県神社庁にも登録している神社なので、積極的に外す理由もない。

 正直、これまで秋葉社はさほど重視していなかった。このサイトを作り始めるまでは、秋葉社は一部の大きなところを除いて登録しないだろうと思っていた。
 しかしながら、いくつかの秋葉社を訪れ、その神社について調べていくうちに秋葉社の重要性というか存在感に気づいて、認識を改めた。
 秋葉社も江戸の流行神には違いないけど、稲荷社や牛頭天王社なんかと同等と考えるべきだろう。これまで軽く見過ぎていた。
 今後とも、できるだけ秋葉社も登録していくつもりでいる。

 同じ火の神である愛宕神社は、名古屋には少ない。何故、これほど人気が出なかったのか不思議だ。
 これまで愛宕社はまだ一社も登録していない。千種区に一社あるのは知っていて、すでに参拝は済ませているのだけど、それ以外の愛宕神社は知らない。南西エリアにあるのだろうか。
 名古屋に愛宕社が少ない理由も、追求すべきテーマのひとつと言えるだろうか。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up