南区はまだまだある

 今日は2ページ。南区の牛毛神社と緑区の田中神明社
 お札が海岸に流れ着いたので神社を建てたという話は初めて聞いた。紙のものなら流れ着く前に溶けるか破れるかしそうだけど、昔の話なら布製とかだったのか。
 田中神明社はなかなかほのぼのとした神社だ。町内会で守っている神社というのも、最近は増えているのかもしれない。
 宮司さんはたくさんの神社を掛け持っていて無人の小さなところまで手が回らないだろうし、氏子も減っているのだろう。神社の人の話を聞くと、氏子だけでなくいろんな人の助けがないとやっていけないようだ。神社経営ということを考えてもなかなか大変なのだろう。

 南区の掲載神社が11社になった。もう半分はやっただろうと思ったら、南区はそんなに甘くなかった。愛知県神社庁に登録しているところで35社、登録していない小さなところを入れると60社を超える。おいおい、本当かよと思う。
 鳥居を持たない祠だけのところまではやれないと思う。
 あまり先を考えず、一社ずつ確実にやっていこう。どんなに道のりは遠くても歩き続ければいつかは辿り着く。そう信じて。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up