緑区もこれでひと区切り

 今日の1ページは緑区熊の前の徳重熊野社
 相原郷の諏訪社は徳重熊野社は相原郷から移したものといい、徳重熊野社は何も語らない。別に相原郷から移したといっても不都合はないだろうに。
 両社の話が一致しないところがふたつの神社の理解を難しくしている。
 結局、熊野社はいつ誰がどこに建てたのが始まりなのか? それがまったく見えない。まったく、だ。
 熊野社の宮司は成海神社の宮司さんが兼務しているようなのだけど、宮司さんは何かご存じだろうか。自分ひとりでの調べは限界が来たので、後は聞き込み調査に期待するしかない。
 ひょっとするとあっと驚く隠された真実というものがあるかもしれない。

 緑区の主要神社はこれで終わったと思う。現在、把握している範囲では、有松の長坂道の秋葉社と、新海池東の通りの秋葉三尺坊にまだ行けていない。緑区を回っているときには知らなくて、他の神社を調べているときに情報を得たので行けなかったのは仕方がない。
 もしそれ以外に緑区の神社をご存じの方がいれば教えていただけると助かります。

 明日からは熱田区の残りをやって、昭和区も少しある。
 いよいよ終わりが近づいてきたとはいえ、きっちりここまで回れば終わりというのがまだ見えいてないので、気持ちの中では終わりがないようにも思う。
 12月は別のコンテンツをやったり二週目を始めたりで今年も終わっていきそうだ。
 来年の2月で丸二年。こんなにかかるとは。



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up