緑区の流れの把握が必要

 今日の1ページは緑区桶狭間の神明社
 桶狭間村や桶狭間の戦い、有松村の歴史なんかについては書こうと思っていたことがこれでだいたい書けたと思う。一ヶ所にまとめられてなくて何ページかに分散してしまっているのだけど、断片的にでも伝わればいいのではないかと。
 ここからは別エリアに入っていくので、また違うことを書ければいいと思っている。
 緑区の遺跡についても少しまとめておきたい。
 古墳も大きなものは少ないけど小さなものはたくさんあったようで、そのあたりも把握しておかないと古い神社についての認識が曖昧になってしまう。
 貝塚や弥生遺跡なども見つかっているので、そのあたりからの流れも掴んでおく必要がある。
 火高あたりは尾張氏の存在感が際立っているけど、東エリアについてはどうだったのか。中央の神社空白地帯は何を意味しているのかなど、解くべき謎は多く残されている。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up