分からなさにクラッとする

 今日の1ページは南区大同町の神明社
 江戸時代に新田を開発するためには当然、尾張藩の許可が必要で、記録が残っていそうなのに意外と残っていない。開発者さえはっきりしないようなところもある。
 新田の守り神として神社を建てたなら、それは普通に伝わっていそうなものなのに伝わっていない。
 そのあたりのうやむやさというのが今ひとつ理解できない。何故、神社のことはこうも伝わっていないのか。それは誰の責任なのか。

 名古屋の神社の場合、尾張の地誌が多く残されている分、他の地区よりも史料には恵まれている方だ。それでも神社のことについては分かることよりも分からないことの方がずっと多い。
 私の知識や理解が足りないことが一番の問題ではあるのだけど、ときどきあまりの分からなさに軽い絶望を感じて虚しくなることがある。
 とにかく今は、分かる範囲のことを書いて、早いこと一周させたい。二周目、三周目で加筆訂正しながら仕上げていく。
 終わりはないけどどこかで区切りは付けたい。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up