まずは遺跡を把握することから

 今日の1ページは緑区の齋山稲荷社
 とにかく強烈な神社というか空間で、他に似たところはちょっと思いつかない。
 あれが良いエネルギーなのかそうじゃないのかは、私には判断がつかない。
 おそるおそる静かに参道を進みながら、やべえなここ、と何度も心の中でつぶやいていた。
 あそこは禁足地にしておいた方がいいんじゃないかといったような区域だ。
 霊感を持っている人はどう感じるのか聞いてみたい気がする。いや、あえて聞かない方がいいかもしれない。

 緑区大高は、東海市名和とセットで捉えるべきエリアで、大高だけ見ていてもあのエリアの姿は見えてこない。
 まずはあのあたり一帯の遺跡について把握しないといけない。緑区の神社を理解するための一歩目がそれだ。
 名古屋市内の古墳地区はこれでだいたい回ったことになるのだけど、関係性という点ではまだ全然見えてこない。志段味地区と熱田台地は関係があるのかないのかとか。
 すぐには無理としても、ゆくゆくは稲沢市、一宮市、犬山市、清須市あたりまで範囲を拡げて遺跡を知る必要がある。
 古墳と神社は直接関係ないにしても、時間がつながっている以上、何らかの連続性はあって、その間を知識と創造で埋めなければならない。
 神社のことだけを調べていても神社は理解できない。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up