屋根神様は後回し

 今日の1ページは西区則武新町1の秋葉神社
 西区の屋根神様を1ページにまとめることを考えていて、この秋葉神社もそこに入れようと思ったのだけど、社の立派さといい、御大典記念の鳥居といい、屋根神様グループではなさそうだということで独立ページにした。
 実際のところはよく分からない。どんな可能性もある。実際にどうだったにせよ、それを知れば納得すると思う。

 西区の屋根神様については当面先送りにする。数が多いし、広範囲に散らばっているので回るのに時間がかかる。
 屋根神様を抜きにすれば、西区も残り少なくなってきた。だいたい回って、あと一回行けば残りも回りきれると思う。
 西区の神社の特徴についてひとことで言うのは難しい。庄内川を挟んで南と北という地理的な分断があり、名古屋城築城以前・以後という時間的な分断がある。
 古い式内社とされる神社もあるのだけど、土地としてはそれほど重いとは感じない。暗さがないというのか、緑区や南区に感じる重たさみたいなものはない。
 そろそろ緑区も再開しないと。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up